50回目の開催となるRBCヘリテイジでも、世界ランク50位以内キープを目指す

写真拡大

<RBCヘリテイジ 事前情報◇12日◇ハーバータウンゴルフリンクス>
米ツアー「RBCヘリテイジ」が現地時間12日から開催される。日本選手で唯一出場する小平智は、開幕前日に行われたプロアマ戦での出番はなく、練習のみで本戦に備えた。小平は「挑戦」をテーマに、今年は海外転戦する構えだ。
【写真】小平も出場 今年のマスターズを写真とともに振り返る
今大会、小平の出場資格は、「世界ランキング50位以内」と自らつかんだモノ。そして、この50位以内が今のモチベーションとなっている。「世界ランキング50位以内だと、(海外の)いろいろな試合に出られるので、この位置をキープしたい」。先週のマスターズでは28位タイに入り、世界ランキングは48位から46位へと上げている。
「世界ランキング50位以内」というと「マスターズ出場」の印象が強く、マスターズが終われば一段落するイメージがある。しかし、年中キープすることのメリットもある。
米ツアーでは3月に開催された「アーノルド・パーマー招待」や5月に開催する「ザ・プレイヤーズ選手権」、6月に開催される「ザ・メモリアルトーナメント」、WGCシリーズなどの出場権が付与され、欧州ツアーでは「BMW PGA選手権」などのロレックスシリーズの出場権が付与される。シード権がなくても世界中の試合に出場しやすくなる。
今大会も活躍し、さらなるランク上昇の足がかりとするか。その点にも注目して、小平のプレーを見守りたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

マスターズでの小平のスコアは? こちらの最終成績で確認を
【記者の目】マスターズ制覇に欠かせない攻撃性、ジョーダン・スピースと小平智の言葉に共通するひと言
「来年絶対戻ってきます」マスターズ初出場の小平智が感じた成長と手応え
【LIVE写真】男子国内開幕戦!東建ホームメイトカップの様子を写真でお届け
【LIVE写真】国内女子ツアーは開幕前から選手の様子をお見せします