[11日 ロイター] - 米調査会社ガートナー<IT.N>によると、第1・四半期のパソコン(PC)の世界出荷台数は前年同期比1.4%減の6170万台となった。

アジア・太平洋地域の出荷台数は前年比3.9%落ち込んだ。

ガートナーは、アジア・太平洋地域と米国で出荷が減少した一方、他の地域では「小幅に増加」したとしている。

落ち込みが大きかったのは中国で前年比5.7%減少した。