守屋洋著、プレジデント書籍編集部編『「貞観政要」がやさしく学べるノート』(プレジデント社)

写真拡大

部下の心理をつかむにはどうすればいいのか。そうした「リーダー学」を身につけるために大企業の経営者が「座右の書」としてきた中国古典が『貞観政要(じょうがんせいよう)』だ。この全10巻40篇という大著のエッセンスとはなにか。そして経営者たちに愛されてきた理由とは――。(後編、全2回)

※本稿は、守屋洋著、プレジデント書籍編集部編『貞観政要がやさしく学べるノート』(プレジデント社)を再編集したものです。

■武勇で天下は取れても、天下を治めることはできない

「馬上で天下を取ったとしても、馬上で天下は治められない」という言葉がある。いくら武勇に優れていても、平定することはできても、国を統治することはできないというのである。ここに創業と守成の大きな相違を見出すことができる。

漢(かん)の高祖劉邦(りょうほう)はライバルの項羽を倒して漢王朝を興して皇帝の位につくが、7年後、体調を崩して病の床についた。病状は日に日に悪化し、心配した皇后の呂后(りょこう)が、名医を探し出して診察にあたらせた。

ひととおり診察が終わったところで、劉邦が自分の病状を尋ねたところ、医者は笑って「きっとよくなります」と慰めた。ところが、劉邦は声を荒らげ、「天下を取れたのも天命なら、今こうして死んでいくのも天命、この天命だけはどんな名医もどうすることもできない」といって、治療をさせず褒美(ほうび)だけを与えて医者をさがらせたという。

一介の庶民から身を起こし、「天下を取れたのは天命だ」というのは、噛み砕いていえば、天下を取れたのは努力や能力が優れていたからではなく、運がよかったからだということにほかならない。これは劉邦の偽りのない実感だったことだろう。

松下電器(現パナソニック)の創業者である松下幸之助も、同じようなことを語っている。あるとき「あなたがこれほどの成功をおさめた理由はなんですか」と聞かれて、「いやなに、人様よりも少しばかり運がよかっただけですよ」と答えたといわれている。

こうした感慨は、創業の経営者が成功した後で過去を振り返ったとき、共通しておぼえるものかもしれない。もちろん、その人が謙虚な人物であればという前提はつくが……。

いずれにしても、創業してあらゆる困難を乗り越えて成功にたどりつくには、得体の知れない不確定な要素である「運」というものがかかわってくることは、認めざるをえない。だから創業には、誰にでもあてはまるような共通の成功法則など、容易に見つけだせないのである。

■創業から守成への切り替えが鍵

たとえ創業に成功しても、成功体験にとらわれて守成への切り替えを怠ると、その組織はいずれ衰亡していく。どう切り替えていくかが生き残りの鍵となる。

『貞観政要』が愛読書であるトヨタ自動車社長、会長を務めた張富士夫氏(現相談役)はこう語る。

「組織の上に行けば行くほど、現場のまともな情報が入ってこなくなるという現象は、いつの時代にもあるようだ。裸の王様ではないが、歪んだ情報ではなく、正確な情報を自分のもとに還流させることをリーダーは常に心掛けなければならない。(中略)課長でもそうなのだから、部長になり、役員になればもっと現場の真実から遠ざかってしまう。頻繁に自分から現場を見に行かなければならない。『まず現場を見ろ』という大野さんや鈴村さんの教えは、後になっても噛み締めることが多い。『貞観政要』に描かれている明君と名家臣たちの関係からも、トップが現場を掌握するために何をすべきかをいま一度学んだように思う」(『プレジデント』2006年9月18日号インタビューより)

劉邦はもともと名もない農民の家に生まれ、ほとんど無学無教養だったが、皇帝ともなるとそうはいかない。そこで教育役として陸賈(りくか)という重臣が選ばれた。もともと学問に興味のない劉邦はすぐに嫌気を起こし、自分は「馬上で天下を取った」のだと怒鳴りつけたそうだ。対して陸賈は「陛下は馬上で天下をお取りになりました。だが天下は馬上では治められませんぞ」と反論した。その言葉に道理があると認めるや、劉邦は怒りを抑え、以後、引き続き帝王学についての教育を受けた。

テキストに使われたのは、『詩経(しきょう)』と『書経(しょきょう)』の2冊だった。古代中国の詩歌集『詩経』は、表現力を高めることにつながり、もう1冊の『書経』は、古代の帝王と補佐役たちの間で交わされた政治についての問答や彼らの事績をまとめた古典。国を安泰にして滅亡を免れるための政治の勘所が、さまざまな角度から説き明かされているまさに政治学の教科書である。

劉邦の漢王朝はようやく創業が成って、守成の時期に移行しようとする時期だったことから、『書経』は学ぶべき帝王学として打ってつけの内容だった。

■創業の苦心は継承することはできない

天下人の徳川家康は、岡崎の小城主の子として生まれ、幼いときから人質に出されるなど、生き残りの苦労を味わいながら育った。そんななかで学問を身につける余裕もなく、成長してからも戦いに明け暮れる日々で、何かを学ぶ時間などなかった。

晩年に近くなり天下取りの視界が開けてきてから、家康は儒学者の藤原惺窩(せいか)を招いて『貞観政要』の教授を受け、さらに後には惺窩の弟子の林羅山を江戸に招いて、儒学の習得に努めている。おそらく家康も、「馬上では天下を治められない」ことがよくわかっていたのだろう。そこで、みずから儒学を修めることで、「文治」への転換をはかろうとしたのだ。徳川の治世が270年も続いたのは、この転換に成功したことも大きな要因の1つと考えられる。

『貞観政要』には、彼らが守成の時代をどう乗り越えていったのか、その苦心がまとめられている。創業も難しいが守成も難しいもの。ただ、創業の苦心は理解することはできても継承することはできない。

イトーヨーカ堂グループの創業者の伊藤雅俊は、世襲問題に触れて、「成功した創業者というのは『狂気の人』であり、他人と同じことをしていては成功しない。違うやり方だったからこそ成功したが、その経営手法は血を分けた子供であろうと、語り継げても受け継ぐことはできない」と発言している。

これに対し、守成の心得はその気になればいくらでも学習可能だ。その守成の仕事に生きがいを見出し、自分の人生を賭けていたのが、魏徴という重臣だった。

唐の太宗の時代にどれだけの人材が輩出し、彼らが安寧の時代を築くためにどれだけの努力をしたのか。その姿は現代のビジネスパーソンにも共通するテーマを多く含んでいる。まさに「歴史から学ぶ」という言葉を実感せずにはいられない。

(プレジデント社書籍編集部 写真=iStock.com)