12日の東京株式市場で日経平均株価は続落して始まった。

 シリア情勢の緊迫化を背景に前日の米国株は大幅に下落しており、この流れを引き継いだ格好だ。

 平均株価の始値は、前日終値比29円23銭安の2万1657円87銭。

 地政学リスクの高まりで、東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台後半と円高ドル安傾向で進んでおり、相場の重しとなっている。