(c) 123rf

写真拡大

 ローソンは11日、東京都内3店舗で、店内ならどこでも決済が可能なスマートフォン専用アプリを使用したセルフ決済サービス「ローソンスマホペイ」の実証実験を開始すると発表した。また同日、定款を変更して「銀行業」を加えた。現在金融庁に予備審査を申請している「ローソン銀行」設立に向けた動きであり、これまでの同社の事業経験や業務基盤を活用し、より利便性の高い金融サービスを展開するのが狙いだ。

【こちらも】ローソン、金融庁へ銀行業免許の予備審査を申請 1300億円を調達

 金融サービス関連事業では、ローソン・エイティエム・ネットワークによる共同ATMを通じて事業を推進しており、今後、生活支援機能の強化や地域コミュニティの活性化など、より暮らしに密着したサービスの推進を図っていくことにしている。

 「ローソンスマホペイ」の実証実験は、4月23日〜5月31日までの期間限定で実施する。実験店舗は、「ローソン晴海トリトンスクエア店」(東京都中央区晴海)、「ローソン大井店」(同品川区大井)、「ローソンゲートシティ大崎店」(同品川区大崎)。

 「ローソンスマホペイ」は、スマートフォンに事前にローソン公式アプリをダウンロードし、利用者が店内の商品バーコードをスマホのカメラで読み取ることで、決済できるサービスである。退店時にスマホに表示されたQRコードを店頭の専用読み取り機にかざすことで、決済済みであることを確認し、電子レシートを表示することができる。

 日中の時間帯はローソンスマホペイと有人レジ併用することで、レジの混雑時緩和を目的とした実証実験を行う。深夜では、午前1時〜4時に限り、従業員のレジ作業軽減を目的にレジ無人化の実証実験を行う。

 実証実験の実績を踏まえ、2018年度下期以降に、全国の店舗のうち、ニーズの見込める店舗への導入を検討することにしている。