先の会計年度(2017年)において、研究開発(R&D)費が最も多かった米企業は、アマゾン・ドットコムだった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

フォルクスワーゲンを超え、世界トップに

 米国の調査会社ファクトセットのデータをまとめた米リコード(Recode)によると、その金額は226億ドル(約2兆4200億円)。これは、時価総額世界1位であるアップルのほぼ2倍だ。

 アマゾンは近年、研究開発費を増やしている。その一昨年(2016年)の金額は161億ドルだった。同年10〜12月期、アマゾンの研究開発費は、ドイツ・フォルクスワーゲンのそれを上回り、同社は、世界で最も研究開発に費用を投じる企業になった(米ブルームバーグの記事)。

 企業の研究開発費は、かつて、製薬や自動車といった業界が最も多かったが、今のアマゾンはそれらを上回っている。そして、2017年、アマゾンの費用は、さらに4割増えた。

 アマゾンは、これらの費用を何に使っているのだろうか。リコードの記事はこれについて、クラウドコンピューティングの「Amazon Web Services」や、AI(人工知能)アシスタントサービスの「Alexa」、そして、コンピューター・ビジョン(視覚情報処理)といった技術分野を挙げている。

 このうち、コンピューター・ビジョンは、同社が今年1月、米シアトルで本格営業を始めた、レジ精算不要のコンビニエンスストア「Amazon Go」の基盤技術となっている。

(参考・関連記事)「アマゾン、『レジのないコンビニ』をついに一般公開」

上位5社はすべてテクノロジー企業

 ファクトセットのデータをさらに見てみよう。研究開発費ランキングの2位から5位までは、グーグルの持株会社であるアルファベット、半導体大手のインテル、ソフトウエア大手のマイクロソフト、アップルの順。いずれも米国の名だたるテクノロジー企業だ。

 それぞれの金額を見ると、アルファベットは166億ドルで、アマゾンの7割程度。このあと、インテルの131億ドル、マイクロソフトの123億ドル、アップルの116億ドルと続いている。前述したとおり、アマゾンの研究開発費は、マイクロソフトやアップルのほぼ2倍になっていることが分かる。

 そして、これら上位テクノロジー企業の研究開発費は、毎年増え続けている(リコードの2017年9月1日付記事)。

 この話題について伝えている米BGRによると、このうちアップルは、比較的多くの費用を投じない企業として知られていた。だが、同社も近年は金額を増やしており、昨年度は2013年度の2倍以上を投じている。

上位16社中、10社がテクノロジー企業

 もう1つ興味深いのは、研究開発費上位16社の中に、テクノロジー企業が10社入っていること。上述した5社以外には、フェイスブック(9位)、オラクル(12位)、シスコシステムズ(13位)、クアルコム(15位)、IBM(16位)が、ランキングに名を連ねている。

 これについてBGRは、「たとえそれが、新製品や新サービスといった成果物につながらなくても、彼らは毎年、巨額の資金を投資し続ける」と、伝えている。「猛烈な速度で進むテクノロジー業界で生き残るためには、強大な研究開発力が、不可欠であることを、彼らは知っている」のだという。

筆者:小久保 重信