既得権益にしがみつき、新規参入を拒む大手マスコミの言い分を時系列で追ってみると、驚くほど自分たちに都合のいいように詭弁を弄していることがわかる(写真はイメージです、本文とは関係ありません)

写真拡大

放送業界の規制緩和を促す放送制度改革を巡って、大手マスコミの言い分が迷走している。ああ言えばこう言う、といった具合で、自分たちの既得権益を守ろうという“下心”丸出しなのだ。(ノンフィクションライター 窪田順生)

言いたい放題で周囲は困惑
マスコミ幹部のモンスターぶり

 突然だが、もしもみなさんの職場にこんな人がいたら、どう思われるだろうか。

 職場を良くするためだと、とにかく人のミスや不正を見つけては言いふらす。口を開けば「職場のためにもっと言いたい放題言わせろ」と文句ばかり。ただ、時にデタラメを広め、無関係の人を傷つけるなどトラブルも続いたため、「自由もいいけど、少しは遠慮したら」と同僚たちがそっと諭した。

 すると、その人は顔を真っ赤にして「言論の自由が侵害された!」と大激昂。その迫力に身の危険すら感じた周囲は、これまで以上に言いたい放題できるよう、職場内で最低限守るべしと定められていた「発言ルール」を取り払うと持ちかけた。

 当然、飛び跳ねて大喜びするかと思いきや、なんとその人の怒りはさらにヒートアップ、発狂しそうな勢いで、耳を疑うような恫喝をまくしたてた。

「そんなことしたらデタラメを言うやつが増えるだろ!さては、俺を潰すための策略だな!」

 完全なモンスター社員だと呆れる方も多いだろう。こんなのが現実にいたらサイコパスだよ、と冷笑する方もいるかもしれない。

 だが、驚くなかれ、このような方たちが現実にちゃんと存在している。テレビ局や大手新聞社などの「マスコミ幹部」だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)