揚げ物を出す新入社員の店員=東京都中央区

写真拡大

 店員のほとんどが新入社員という居酒屋が11日、東京都内にオープンした。

 新入社員の研修施設を兼ねている特別な店だ。未熟な店員を温かく見守ってもらうことへの「感謝の気持ち」を込め、ビールはほかの店の半額で提供する。

 居酒屋チェーン「串カツ田中」が東京都中央区に開いた「小伝馬町研修センター店」。店員は店長ら指導役の2人をのぞき、この春入社した新人だ。アルバイトはいない。

 この日は開店直後から多くの客でにぎわった。新入社員らは注文を聞き取って大きな声で伝えたり、先輩の指導を受けながら揚げ物を揚げたりしていた。

 新入社員はこの店で接客や調理を1カ月かけて学んだ後、各地の店に配属される。接客を担った市川颯琴(さこ)さん(20)は「同期と同じスタートなので、自分ができることとできないことが分かりやすい。絆も深まると思う」と話す。