画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Ruby on Rails.org

プログラミング言語Rubyで書かれたフレームワーク「Ruby on Rails 5.2.0 FINAL」が現地時間9日にリリース、公式ブログではその特徴を紹介している。

400を超えるコードコントリビューターたちが加わったRuby on Rails 5.2.0は、数多くの機能が追加されており、米ペンシルバニア州はピッツバーグで4月17日(現地時間)から19日にかけて開催されるRails Conf 2018でも紹介される。

ブログではAmazon S3やGoogle Cloud Storage、Microsoft Azureストレージなどに代表されるオブジェクトストレージへの簡易なデータアップロードを実現するActive Storageを紹介。Blob(Binary Large Object)データを取り扱う仕組みが組み込まれ、サーバーやクライアントサイドからクラウドへのダイレクトなデータアップロードが可能になる。そのほか、HTTP/2 early hintsのサポート、Bootsnapによる起動アプリケーションの高速化ほか多数を紹介されている。

なお、既にプロジェクト管理サービスの「Basecamp」やネットショップをテンプレートから作成するサービス「Shopify」ではRuby on Rails 5.2.0でのWebサイト運用を開始していることも明かされている。