米上院の公聴会に出席したフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(2018年4月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ユーザーデータの大量流出問題を受けて米上院の公聴会に10日に出席した米フェイスブック(Facebook)のマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)最高経営責任者(CEO、33)。山のように浴びせられた質問の中でも、民主党のディック・ダービン(Dick Durbin)上院議員(73、イリノイ州選出)の質問に最も困惑したようだ。

「昨晩あなたが泊まったホテルの名前を、私たちに教えても平気ですか」。デジタルプライバシーやフェイスブックによる個人情報の取り扱いをめぐり、緊迫した雰囲気の中で行われた公聴会で、ダービン議員はザッカ―バーグCEOにそうただした。

 ザッカーバーグ氏は8秒間沈黙。含み笑いをしたり、顔をしかめたりした後、「あー、えーと、いいえ」と言うのがやっとだった。

 ダービン議員が「あなたが今週、誰かにメッセージを送っていたとして、その相手の名前を私たちに教えますか」とたたみかけると、ザッカーバーグ氏はやはり答えに詰まった。

 5時間に及んだ質疑応答で、普通の人の立場からの質問をする戦術をとったダービン氏ほど、今回の問題について核心を突いた質問をした議員はいなかったように見受けられた。

 フェイスブックは、2016年の米大統領選でドナルド・トランプ陣営とつながりのある英コンサルティング企業に最大8700万人分のユーザーデータが流出。強い批判にさらされている。

 ダービン氏は「(ザッカーバーグ氏の回答が)全てを物語っていると思う」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News