コラム【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

 テレビ界で権勢を誇り続けたとんねるず石橋貴明、木梨憲武)。それも今となっては昔の話。唯一のレギュラーだった「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)も3月22日をもって終了。最終回で注目を集めたのは2人がエンディングで熱唱した持ち歌「情けねえ」の替え歌だったが……。

「業界内では松田聖子が出演した以上に替え歌の歌詞が話題になった。『この国を滅ぼすなよ』を『バラエティーを滅ぼすなよ』に、そしてラストの『この国をおちょくるなよ』を『フジテレビをおちょくるなよ』に変更して歌い上げた。この演出プランはスタッフにも明かされず本番一発でOKとなったそうです」(芸能プロ関係者)

 こうしたとんねるずのサプライズ演出に対し一部の芸能人やネットは大いに盛り上がった。

「有吉弘行や土田晃之らは自分のツイッターを通じ『ごくろうさま』といった温かいエールを送った。いつもはとんねるずに批判的なネット界も『感動したな』『泣けたよ』と称賛の嵐になったんです。正直、この展開は予想をしていなかった」(制作会社プロデューサー)

 ところが、こうしたリアクションに対しフジ局員の大半は全く興味を示していないという。

「『特番でとんねるずを復活させよう』などと言っているのは一部のバブル世代に入社したプロデューサー陣だけ。多くはとんねるずは“オワコン”という認識です」(フジ関係者)

 実は当のとんねるずの2人も今更、新たなレギュラー番組を持つことに固執してはいないという。稼ぐだけ稼いだし、木梨は俳優業をメインにアーティストとして余生を送ることを表明済み。対し相方の石橋だが――。

「今後、事務所の社長兼テレビ制作会社の社長として活躍すべく関係方面に意気込みを伝えているというんです。新番組『石橋貴明のたいむとんねる』(フジ系)でも放送作家的なポジションを兼任している。さらに今後はプロデューサーとして日本テレビやテレビ朝日などに進出の意向を固めている。これまでの自分のキャリアと発想力、人脈を生かせば面白いバラエティー番組ができると考えているようです」(事情通)

 とんねるずのセカンドライフは思い通りに進むのか見モノである。