写真集撮影のエピソードを語ったアン・シネ(撮影:秋田義和)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディス 事前情報◇10日◇熊本空港カントリークラブ (6,428ヤード・パー72)>
5月23日に、日本では初めてとなる自身の写真集を発売するアン・シネ(韓国)が、撮影時のエピソードや苦労を語った。
男性ファン釘付け!アン・シネはミニスカでトークショーに登場【写真80枚】
写真集について「上手く仕上がりました」と満足げなシネ。「撮影は結構苦労しました。スイングしている姿などのゴルフの撮影じゃなく、普段の姿を撮る内容だったので、要求されるポーズがいつもと違うので大変でした。でも、出来上がったものを見たらすごく綺麗に写っていました。嬉しかったです」。本となったものを見たとき、まずはホッとしたのが最初の感想。
特に大変だったのが水着での撮影だったという。「一番大変だったポージングは、水着での撮影ですね。ただでさえ自然にポーズを取るのが難しいのに、それを露出が多い水着でやるということでとても大変でした。水着での撮影は韓国でもしたことが無かったので」。そのポーズの内容や仕上がりは、是非自分の目で見て欲しい。
今回の写真集は、カメラマンの野村誠一氏が撮影。「(例として)“こんな写真を撮りたい”と日本の清楚でキレイな女優さんの写真を見せられてどうなることがと思いましたが…出来上がった写真がびっくりするほどキレイでした。私のポーズや演技力が未熟だったなかでも、とてもきれいに素敵な写真を撮ってくださった。本当にすごい人だと思います」と感謝の気持ちを口にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>