画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●グーグルでも大切な「Face to Face」

六本木ヒルズで1300名の社員が働くグーグル。そのなかで製品開発本部長として働くのが徳生 裕人氏だ。音声アシスタント対応のスピーカー「Google Home」など、様々な記者会見にも登壇し、いまでは日本におけるグーグルの顔でもある。

しかし、徳生氏の仕事は何も日本に限ったことをしているわけではない。グーグルでは「日本だけ」というプロダクトが開発されることはあまりなく、ほとんどが「日本市場に向きつつ、グローバル展開を意識した製品」を開発することが求められるのだ。

○グーグルだから体験できた「世界」

徳生氏はかつて、アメリカの YouTube で仕事をしていたことがある。

「アジア地域の責任者だったが、アジアのためだけのアイデアでは『グーグルにとってのバリューにならない』として企画が通らない。そこで、アジアで役立つし、世界に通用する企画として、YouTube のモバイル版や、字幕機能を開発した。YouTube には世界中のコンテンツがあるが、英語圏のモノが多い。それらに自動で音声を認識し、字幕をつける機能を提案・開発し、8年を経た現在では10億本もの動画に字幕がついていることが、今までで一番いい仕事としての記憶に残っている」(徳生氏)

今では、製品開発本部長として、日本の「グーグル合同会社」に籍を置いていることになる。仕事内容としては、日本を含む世界中のグーグルのオフィスで様々な製品の開発が行われている中、国内向けの検索プロダクト戦略を統括する立場にいる。

「検索を中心に、世界中のエンジニアと日本のために取り組む仕事が半分。もう半分は日本のエンジニアと、日本と関係ないモノを開発する仕事をしている。今では大きな組織ならではの面白さを感じる」(徳生氏)

徳生氏が入社した頃は、全社員数でも数十人しかいなかったが、現在の六本木ヒルズにあるグーグルオフィスには、エンジニアだけでも数百人が在籍している。昔に比べて組織が巨大化し、仕事が進めにくくなるのかと思いきや、実際はそんなことはないと徳生氏は語る。

「日本も大きなスケールになってきたが、すべての部署がひとつのビルに入っているのがいい。アメリカ・マウンテンビューのオフィスでは、仕事を進める相手で、場合によっては10軒ほどのビルに別れている。日本のオフィスは小さくもないが、全員の顔が見えるのがいい。いくつもの部署が関わっていても、意思決定がしやすいのが魅力」(徳生氏)

徳生氏がいちプロダクトマネージャーとして、心がけているのが一度は直接会って話を進めるということだ。グーグルと聞くと、すべてはメールとチャットとビデオ会議で仕事が進んでいくのかと思いきや、会うことを重視するとはちょっと意外だ。

「もちろん、ビデオチャットやメールじゃないとできない仕事もあるが、Face to Faceの方が、話が早いこともある。特に全く関係のないチームに助けを求めるときは、国内であれ海外であれ、できるだけ足を運んでいる。プロダクトマネージャーの仕事は多くの人に会わないといけない。限られた時間のなかで、足を運んでリーズナブル(話のわかる)なやつだと思われれば、あとはメールで済んでしまう。プロダクトマネージャーに限った話ではないが、各チームのなかで、個人の信頼を築く能力はとても大事だ」(徳生氏)

○グーグルでも越えられない「壁」

徳生氏の仕事は、朝、自宅から始まる。

アメリカ・マウンテンビューの本社とのミーティングをするには、時差を考えるとこの時間帯が最適で、日本が朝8時ならば、アメリカ・西海岸は16時ということになる。

「朝は家からビデオ会議に参加して、通勤ラッシュを避けて昼ぐらいに出社している。夜も自宅で子どもを寝かしつけたあと、21時とか22時からマウンテンビューのチームが起きる前にメールを送るようにしている。日本と西海岸での会議であれば、朝の時間でなんとかなるが、相手が東海岸とか、西海岸とロンドンで同時になどのケースでは深夜1時になってしまう。とにかく時差を何とかしたい。誰か非同期のビデオ会議システムを作ってくれないものか」(徳生氏)

世界最先端を行くグーグルを持ってしても、地球の時差にはかなわないようす。もちろん、時差に悩まされるのはグーグルが世界中にオフィスを持っており、拠点間隔たりなく開発を行っているからだ。グーグルでは、日本で採用されたとしても、世界で働くことができるという。

「僕の場合は上からの異動辞令みたいな感じだったが、プロダクトマネージャーやエンジニアがアメリカで働きたいと思えば、社内の求人を探して、面接して、受かればいい。基本的には世界中のポスティングが明らかになっているので、スキルなどがマッチすれば移る自由はいくらでもある」(徳生氏)

実際に海外のグーグルオフィスにおいて、開発のキーポジションに日本人が携わっていることも多いと話す。一方で、「日本食が好き」「日本に住んでみたい」という外国人エンジニアが、日本に関わった仕事をしに、六本木ヒルズでのジョブを求めてくるケースもあるようだ。

「グーグルの社員証は世界中、どのオフィスにも入れる。どこのオフィスにどれくらい回ったかで、自慢できる機能もあるぐらい(笑)」(徳生氏)

●一度グーグルを辞め、改めてグーグルに入社したワケ

徳生氏は2005年にグーグルに入社した。社会人デビューは当時の郵政省(現・総務省)。その後、製造技術スタートアップで3年、過ごした後、グーグルに入社している。

「兄が2002年にグーグルに入社しており、インターナショナルのプロダクトマネージャーの募集があるから受けてみないかと誘われた。当時のグーグルはGmailとか Google Earth の提供を開始したばかりで、中を覗いて見たいとも思った。まだ世界でも7000人、日本拠点も数十人しか居なかった」(徳生氏)

入社後はYouTubeのプロダクトマネージャーとなり、アメリカでYouTubeのモバイルや字幕機能などを開発。その後、日本に帰国したのちにグーグルを一度辞めている。

「もともと小さい会社で働きたいというのがあった。グーグルのなかでは、面白い仕事がみつかったり、アイデアを持ち合って、人が集まり、自然発生する仕事もあれば、そうでない時もある。その時、ちょうど、自分の仕事として区切りのいいタイミングがやってきた。ここは外に出る機会だと思って飛び出した」(徳生氏)

外に飛び出してベンチャー企業の経営に携わったのち、再びグーグルで働くことになる。

「以前はYouTubeだったが、今度はプロジェクトが異なり、グーグル本丸の検索の仕事だった。検索自体も音声認識やナレッジグラフなど、2010年当時には想像もしなかった進化をしていた。日本のグーグルも組織が大きくなり、数百人のエンジニアがいて、大きな事ができる素地が備わっていた」(徳生氏)

○立ち位置が変化したGoogle、求められるもの

わずか数十人しか居ない頃からグーグルに入社し、一度、外から俯瞰した後、再び、グーグルに戻った徳生氏。日本でもグーグルが大きくなっていく中、社会的責任をひしひしと感じるようになったという。

「昔は半ば、無邪気に新しい技術に注目して製品を作っていれば良かった。しかし、何十億人という人が使うようになったら、ユーザーやパートナー、Webサイトに対して不公平な扱いがあってはいけない。YouTubeの削除ポリシーをやっていたときも、どんな動画がよくて、何がダメなのか、それを我々が判断していいのかなど、一つ一つの製品判断が複雑化していった」と徳生氏は振り返る。

製品開発に「社会的責任」が重くのしかかってくる中、そうした問題の複雑さや難しさは徳生氏のようなプロダクトマネージャーやエンジニアにとって、楽しく働くためのやりがいでもあるという。

「多くの人が使うGoogleのプロダクトで難しい課題を解決できれば、非常に大きなインパクトにつながる。課題解決には新しい技術が必要かもしれないし、地道な最適化かもしれないし、時には何かを見出すための地道な分析作業かもしれない。ただ、日々の問題を手直しするのではなく、正しく大きく解決する方法を考えることに、みな喜びを感じるし、成功すれば評価につながる。細かいタスク管理ではなく、Google のミッションに沿ったインパクトが出せるか、そういう意味では仕事のゴールははっきりしていて、エンジニアの満足度が高いように思う」(徳生氏)

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」というグーグルのミッションは、ネットユーザーだけでなく、グーグルで働く人にとっても、有益なもののようだ。