もはやプロ棋士でも勝てない! AIの強さの源泉は「自己分割」

写真拡大

東京オリンピックの喧騒が去った2020年、あなたはどんな生活をしているだろうか?
AIによってシンギュラリティは起きるか? ヒト以上にやさしいAIは登場するか? ヒトとAIはどう共存していくのか?
IT書籍の売上累計が150万部を超える中、2007年に処女小説『エブリ リトル シング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏・韓国での翻訳や2回の舞台化(2008年井上和香、2009年内山理名主演)された作家・ITライターの大村あつし氏。
構想・執筆に2年かけた注目のビジネス青春恋愛小説『マルチナ、永遠のAI。――AIと仮想通貨時代をどう生きるか』が出版され話題となっている。
ビットコイン、ブロックチェーン、ディープラーニング……正確な技術論と、その道の世界的権威の見解をもとに緻密に描いた作品で、SFではない、というから注目だ。
実物通貨と仮想通貨、日常と非日常、ヒトとAIの境界線がどんどんなくなりつつある今、私たちはどうやって生きていけばいいのか?
AIは苦手というあなたも、これさえ覚えておけば、周囲から尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
2000年代中盤から「AI」と「IoT」を研究し続けてきた大村氏の特別寄稿をお送りする。
(構成・寺田庸二)

AIは、自分で問題を考え、
自分で解いて成長している

 AIというと、第4回、第5回連載で説明した「ディープラーニング」や、AIがやがて人類をはるかに凌駕する知能を手に入れる「技術的特異点」、すなわち「シンギュラリティ」は果たして起きるのか、といった話題ばかりがどうしても取り沙汰されます。

 しかし、今回紹介する「AIの自己分割」も、極めて大きなAIの特徴ですので、これを機にぜひとも頭の片隅に入れていただければと思います。

 まず、結論から述べますが、AIが成否判定を伴うような学習を行う場合には、AIは自分自身を分割することがあります。
 といってもピンとこないかもしれませんが、AIと人間との違いさえ実感できてしまえば、それほど難しい話ではありません。

 たとえば、人が一人で学習する場合、自分で作成した問題を自分で解いても学習効果はまったく期待できません。
 それは、答える側もすでに答えを知っているからです。

 しかし、ここがAIと人との決定的な違いなのですが、AIの場合には、問題に答える側と、採点する側を内部的に完全に別プロセスに分割することが可能です。
 言い換えれば、「1つのAI」という入れ物の中に、まったく人格が異なる2つのAIが内在しているイメージです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)