新社会人が絶対に手を出してはいけない「マネー3悪商品」

写真拡大

オトナのマネーの世界は「汚い」

 4月も第3週に入った。新社会人も少しオフィスに慣れた頃ではないだろうか。今回は、特に新社会人の皆さんに「オトナの世界のマネーのルール」を教えたい。

 なお、漢字で「大人」と書かずに、わざわざカタカナで「オトナ」と書くのは、単に年齢と立場が成人なだけではなく、物事の仕組みが分かったずるくも賢くもある成人を対象にしているからだ。

 さて、社会人になり、自分のお金の扱い方を自分で決められるようになると、そのお金を狙って、多くのオトナがさまざまな誘惑の手段で近づいてくるようになる。残念ながら、そうしたオトナの誘いに乗ると、あなたは大抵の場合、金融論的に明白な損をすることになるし、単に損なだけではなく、想定外のリスクを抱え込むこともある。

 残念ながら、オトナ同士がマネーをやり取りする「世間」とは、そのようなものだ。はっきり言って、汚い。

 そして、特に金融業界に就職した場合、あなた自身が仕事の上で誘惑する側、つまり“加害者”の側に立つ場合もある。それでもいいと思うかどうかは、人それぞれだ。現実に、早々に金融業界を去る人もいる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)