3月27日のキリンチャレンジカップ・ウクライナ戦で指揮を執っていたハリルホジッチ監督(写真:ロイター/アフロ)

2017年8月のオーストラリア戦(埼玉)で日本代表が2018年ロシアワールドカップ出場権獲得を決めて以降、欧州組を含めたフルメンバーで1勝2分4敗。国内組だけで挑んだ昨年12月のE-1選手権(旧東アジアカップ)でも宿敵・韓国戦で4失点の大敗を喫し優勝を逃した。

この結果だけ見れば、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が解任されるのは当然のことと言っていい。「なぜ、今なのか。決断が遅すぎる」という声もあちこちで上がっているが、解任するならもっと早いタイミングであるべきだった。そこは多くの人が認めるところだろう。

タテに速い攻めの意識を植えつけようとしていた

ハビエル・アギーレ前監督のスペイン時代の八百長疑惑による更迭を受け、2015年3月に就任したハリル監督への期待値は当初、非常に高いものがあった。「デュエルに勝つことが重要だ」と1対1で体をぶつけ合い、ボールを奪うことの重要性を繰り返し強調していた。日本人に薄かったタテに速い攻めの意識を植えつけようと精力的に取り組む指揮官を、好意的に受け止める選手も多かった。

「自分たちが寄せていると思っているレベルが世界基準では寄せられてないとか、そういう部分を監督は一つひとつ指摘してくれる。世界で戦う最低ラインを要求してくると思うから、それに応えていかなくちゃいけない。僕もすごくワクワクする」と岡崎慎司(イングランド・レスター)も当時、前向きに話していたほどだ。

実際、就任初戦のチュニジア(大分)・ウズベキスタン(東京)2連戦は好印象を残した。とりわけ5-1で勝利したウズベキスタン戦は宇佐美貴史(ドイツ・デュッセルドルフ)と柴崎岳(スペイン・ヘタフェ)の1992年生まれコンビがそろってゴールするなど、世代交代が加速、チームの底上げが進みそうな雰囲気も大いに漂った。


2017年11月の親善試合を前に会見で話すハリル監督(写真:REUTERS/Pascal Rossignol/File Photo)

順調に見えた船出に暗雲が立ち込めたのが、2015年6月のロシアワールドカップ3次予選初戦・シンガポール戦(埼玉)のスコアレスドローだった。

シュート数で圧倒しながら決め切れず、勝ち切れなかったこの1戦でハリル監督は非常にナーバスになる。続く8月の東アジアカップ(中国)でも過去最低の最下位に終わり、徐々に言い訳じみた発言も増えていく。

「体脂肪率12%以下」を徹底させたり、長時間ミーティングを繰り返して選手を疲弊させるような管理体制にも不満の声が聞こえてくるようになった。アフガニスタン、カンボジアといった格下相手に苦戦した3次予選の頃から、すでに不穏な空気が代表チームに漂い始めていたのは確かだ。

ハリル監督の方向性に疑問や違和感が広がる

2016年9月に最終予選に突入し、初戦のUAE戦(埼玉)を1-2で落とすと、日本はさらに混迷を深める。山口蛍(J1・C大阪)のロスタイム劇的決勝弾で勝ち切った同10月のイラク戦(埼玉)後には、本田圭佑(メキシコ・パチューカ)が「もっとマイボールにできれば、こんなに難しい試合にはならなかった。ホントは相手が焦(じ)れるくらいやりたいけど……」と主導権を握られるスタイルに異を唱えるなど、選手の中ではハリル監督の目指す方向性への疑問や違和感も広がり始めた。

2017年を迎えると、久保裕也(ベルギー・ヘント)や井手口陽介(スペイン・クルトゥラス・レオネッサ)ら若い世代の台頭もあってチーム活性化が進み、最終予選突破には何とかこぎつけた。しかし、冒頭のとおり、予選突破後はまったくと言っていいほど勝てなかった。「世界で躍進するために、デュエルと速い攻めをベースにしたサッカーを突き詰めている」というのがハリル監督の言い分だったのだが、肝心のアジア以外の試合で成果が出ないのだから、選手側が疑心暗鬼になるのも理解できる。

酒井高徳(ドイツ・ハンブルガーSV)がイェウヘン・コノプリャンカ(ドイツ・シャルケ)に1対1で突破され続けた2018年3月のウクライナ戦(ベルギー・リエージュ)などは「デュエルで勝つ」という大前提が失われた最たる例だろう。個のバトルで勝てなければ、ハリル監督の理想とする戦いは成り立たない。その矛盾が終始、チームに横たわっていた印象がどうしても拭えない。

デュエルの勝率というのは、現代サッカーにおいて極めて重要な要素だ。ボスニア人指揮官もUEFAチャンピオンズリーグのビッグマッチをしばしば引き合いに出し、デュエルで上回ったチームの優位性を説明していた。

自身が指揮を執り、ラウンド16で王者・ドイツを追い詰めた2014年ブラジルワールドカップのアルジェリア代表も、デュエルの強さは際立っていた。その大切さを日本サッカー界に植えつけたのはハリル監督の大きな功績。そこは選手も認めている点で、われわれもリスペクトすべきところだ。

日本人とアルジェリア人の決定的な違い

とはいえ、長友佑都(トルコ・ガラタサライ)が「アルジェリアの選手は身体能力が高いので、監督が求めるデュエルの部分とか、タテに速いサッカーは日本よりやりやすかったと思う」と話したように、体格的に小柄な日本人はフィジカルコンタクトの部分で劣勢に回りがち。

そういうチームがデュエル重視のスタイルを第一に掲げるべきだったのかという疑問は残る。「日本人は個の部分で勝ち切れないから、組織力や協調性の部分でカバーする」という考え方で長年、強化が進められた日本サッカー界にしてみれば、難しさや違和感はあったかもしれない。


4月9日の会見で、ハリル監督の解任に至った経緯を説明する日本サッカー協会の田嶋幸三会長(編集部撮影)

ボールをあまりつなぐことなく、タテへタテへという意識を前面に押し出すという攻撃も、日本らしさを失わせたきらいはある。

田嶋幸三日本サッカー協会会長も4月9日の会見で「私としては、日本らしくしっかりボールをつないでいくサッカーを志向してほしい」とコメントしていたが、そこを棚上げにしたかのように見えたハリル流への批判は避けられなかった。

しかしながら、2014年ブラジル大会のギリシャ戦(ナタル)に象徴されるとおり、横パスを各駅停車のようにつないで大舞台で攻めあぐねた苦い過去も日本代表にはある。ボスニア人指揮官の言うタテに速い意識もやはり重要だ。それを日本人らしさとうまく融合できるように監督がマネジメントし、選手たちもピッチで実践できるようになればよかったが、いいバランスを最後まで見いだすことはできなかった。そこは本当に悔やまれるところだ。

デュエル、タテへの攻め以外にも、ハリル監督がもたらしたものは少なくなかった。アルベルト・ザッケローニ監督時代からアギーレ時代にかけて固定しがちだった本田、岡崎、香川真司(ドイツ・ドルトムント)ら主力メンバーをいったん横に置いてフラットな競争をあおったこと、最終予選だけで43人もの選手を招集して多くの新戦力にチャンスを与えたこと、井手口や三竿健斗(J1・鹿島アントラーズ)のような20歳前半の若手を思い切って抜擢したことなどが好例だろう。

毎年オフシーズンの5〜6月に欧州組を集めてフィジカル強化のトレーニングをしたことも賛否両論はあったが、前向きにとらえている選手もいる。「今まで走ることの重要性をそこまで感じてはいなかったけど、あの合宿を経験してからは自分で走りのトレーニングを取り入れるようになり、いいコンディションを維持できている」と川島永嗣(フランス・メス)はしみじみ語っていた。

彼は監督解任の報を受け、「本気で自分を成長させようとぶつかってきてくれた情熱に対しての感謝の気持ちは伝えたくても伝えきれない」とブログにつづっていて、指揮官の「日本を強くしたい」という熱意を強く感じ取っていた。他の選手たちにも似たような思いはあるはず。それも忘れてはいけない部分ではないか。

ハリルが残したものから何を踏襲するのか


技術委員長としてハリルジャパンを支え、今回新監督に就任した西野朗氏。4月12日に就任会見を行う(写真:REUTERS/Toru Hanai/File Photo)

田嶋会長も「これまでやってきたことを全否定することはできない」と話したが、全否定したら日本サッカーはさらなる迷路にはまってしまう。

ロシア本大会の直前合宿スタートの5月21日まで1カ月余り。その間に西野朗(あきら)新監督の下で新たな体制を整え、ハリル流の検証をしつつ、何を踏襲すべきかを判断するのは非常に困難な仕事に違いない。

ただ、それをきちんと行い、1つの方向性を明確に定めないかぎり、選手たちは一丸となってロシアに向かうことはできない。とにかく今はシンプルに日本が目指すべき方向を定めること。それが最重要テーマである。強硬な指示が目立ったハリルホジッチ監督の下では萎縮したり、恐怖心を抱きがちだった選手たちも今、ここでメンタル面を切り替え、自分のよさを最大限出し切るように割り切ってほしいものだ。

(文中敬称略)