ボヤいたもののヤル気は十分の石橋(左)とミッツ・マングローブ=東京・台場

写真拡大

 お笑いコンビ、とんねるず石橋貴明(56)が東京・台場のフジテレビで行われた16日スタートの同局系「石橋貴明のたいむとんねる」(月曜後11・0)の取材会に出席した。同局系「とんねるずのみなさんのおかげでした」が3月22日に終了。週2日あった収録が週1に減り、「暇で暇で。ヨガ教室に通おうかと」とボヤいたり、「(以前より)弁当がさみしい」などと笑わせた。

 タカさん節を炸裂させた。

 「石橋貴明のたいむとんねる」は石橋とタレント、ミッツ・マングローブ(43)がMCコンビを組むトークバラエティー。1970年代以降の昭和の時代を中心に、当時のアイドルやスポーツ、テレビ番組などをゲストとともに縦横無尽に語り尽くす番組だ。

 すでに先月下旬から数回収録を終えている2人はこのほど行われた取材会に出席。ミッツとの初タッグについて、野球好きの石橋は「広島の田中(広輔)と菊池(涼介)のようなコンビネーション」とセ・リーグを2連覇中の広島の不動の二遊間に例えて、相性の良さをアピールした。

 新番組に気合十分なところを見せる一方、愛着ある番組への未練もチラリとのぞかせた。前身番組から約30年続いた「とんねるずのみなさんのおかげでした」が先月22日に終了。「みなおか」は収録が木、金曜と2日だったが、この「たいむとんねる」は火曜日だけ。石橋は「暇で暇で。ヨガ教室に通おうかと思っています」とボヤき、「スタジオも(みなおかとは)違うので、こんなスタジオがあるんだと思ったり。あとは…弁当がさみしいです」と新生活を明かして爆笑を誘った。

 初回のゲストは歌手、工藤静香(47)。今後呼びたいゲストを問われると、「貴乃花親方。お父さんの『貴ノ花』が好きだった。ぜひ、現状も踏まえて、相撲界のお話を聞きたい」と不敵なほほえみ。弟子の暴行問題で日本相撲協会と対立し、2階級降格処分を受けた親方の名前を出すなど、新番組をPRした。