意中の彼にこっそり試してみたい。もちろん、自分もチェックしておきたい。パーソナリティ研究家・中嶋真澄さん監修の「付き合うと豹変するタイプ」がわかってしまう心理テストをご紹介します。

仕事が忙しく、散らかりきった自分の部屋。いちばんに片付けるのはどこ?

窓際に置いてあるごちゃごちゃしたもの 溜まっているごみ 流しに置いたままのマグカップ ソファの背もたれにかかっている服

1を選んだあなたは…

【無関心に豹変!?:初めの頃の思いやりを忘れないで】相手の話に関心が薄れ、「あっ、それ前に聞いた」「知ってる」でおしまい。他のことに気を取られ、話しかけられても「ごめん、聞いてなかった」と、出会った頃にはありえなかった反応をしがち。一緒に出かける約束などは、「その日は他の予定が入ってる」「友達と会うことになってるし」など、自分の都合を優先しそう。

2を選んだあなたは…

【文句たらたらに豹変!?:ポジティブな表現を心がけて】付き合い始めると、「もっときちんとしなさいよ」と親のように口を出したり、細かいことに口うるさくなります。また、文句や不満を口にすることが多く、食事をすると「おいしくなかった」とケチをつけ、友達のことが話題になると「でも、あの人は…」と欠点を指摘するようなネガティブさ。何事も楽しめない姿勢に。

3を選んだあなたは…

【手抜き男&女に豹変!?:自分磨きのためにも一手間かけよう】付き合い始めたら、いろんなところで手抜きをするようになる人。デート時のおしゃれは前ほど気合が入らず、行き先も「ラクに行ける近場でいいでしょ」という感じ。手作りのお弁当などを用意する代わりに、「コンビニで買えばいいよね」となり、面倒くさがることが多くなりがち。気がついたら相手の気持ちが離れていそう。

4を選んだあなたは…

【要求がましく豹変!?:「当たり前」と思わず、感謝の気持ちを】「愛しているなら、あれして、これして」と、わがままを言い、要求がましくなりそう。「今から車で送って」「迎えに来て」と送り迎えを頼んだり、便利な足代わりにし、自分の都合で相手を使いだて。外でデートをすれば、食事代やチケット代は相手に甘えるのが当たり前。思い通りにいかなければ、「ケチ!」と思うでしょう。

なかじま・ますみ テスト監修 パーソナリティ研究家、作家。性格タイプに関する独自の研究に取り組む。近著に『心の奥まで丸見え! 当たりすぎて怖い心理テスト』(池田書店)。

※『anan』2018年4月11日号より。イラスト・長谷川まき

(by anan編集部)