好きになった相手に対して、褒めたりおだてたりしながらアプローチするのは当たり前のこと。ただ、やりすぎは禁物。かえって警戒されてしまう場合もあります。そこで今回は、“男が呆れた女子からの媚びすぎLINE”というテーマで男性たちに話を聞いてみました!

文・塚田牧夫

「みか坊だじょ〜」

「飲み会に参加したとき、隣に座っていた女の子と話していました。“みか”という名前の子でした。僕がある人気アニメが好きだと言ったら、彼女もそうだと。だから話も合って楽しく過ごせました。

で、翌朝。その子からLINEが来たんです。開いてみると、“おはようだじょ〜”と。この“だじょ〜”というのは、僕の好きなキャラクターの喋り方なんです。憶えててくれたんだな〜と、そのときは嬉しかったんですけどね……。

ことあるごとにその口調なんですよ。毎日のようにLINEが来て、その一発目はいつも“みか坊だじょ〜”。いい加減、呆れましたよね」ヨシトモ(仮名)/31歳

すべてのSNSに「誕生日おめでとう」

「俺の誕生日前日。深夜、もう間もなく当日を迎えるときでした。さん……に……いち……と誕生日を迎えた瞬間、LINEの着信音が鳴りました。

内容はもちろん“誕生日おめでとう”。相手は女の子だったんですけどね。ちょっと訳ありで……。セフレに近い子だったんで、素直には喜べませんでした。

でもまあ、一応返事はしておこうと、“ありがとう”と送ろうとしたんですけど、そこでほかのSNSにもその子からメッセージが届いていることに気付きました。

俺のやってるSNS全部にです。しかも、ほぼ同時刻に。4つぐらいあるんですよ? 一体どうやったんだ……。呆れたというか、ちょっと怖くなりました」ヒロキ(仮名)/29歳

誤変換に「難しい言葉知ってるよね」

「出会ったばっかりなのに、なんか俺のことをやけに褒めてくれる女の子がいたんです。LINEをしてても、“カッコいい”とか“頭いい”とか“モテそう”とか。

それだけ言われると、さすがに好意には気付きますよね? 褒めるという手段で俺の気を引こうとしてるんでしょう。

俺も悪い気はしないですからね。連絡はしばらく取り続けてたんですよ。それでこの間、またLINEをしたんですけどね。

電車のなかに、入学したばかりの中学生がいっぱい乗ってたんです。だから“新中学生でいっぱいだ〜”って送った……つもりだったんだけど、誤変換で“真鍮学生でいっぱいだ〜”となってしまった。

そうしたら“なにそれ!?”、“さすが難しい言葉知ってるよね”と、それも褒めてきた。だんだんバカにされてるんじゃないかって気になってきました」シロウ(仮名)/32歳

“男が呆れた女子からの媚びすぎLINE”をご紹介しました。

好きな男のご機嫌を取ってもいいですが、どうぞほどほどに。あまり度を越したものは、恐怖や怒りといった感情を生んでしまうこともあるようなので……。

(C) Eviled / Shutterstock(C) leungchopan / Shutterstock(C) baranq / Shutterstock