2018年日本ツアー初出場となるアン・シネ(撮影:秋田義和)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディス 事前情報◇10日◇熊本空港カントリークラブ (6,428ヤード・パー72)>
ゴルフ界に大きな話題を呼んだ“セクシークイーン旋風”から早一年。2018年のアン・シネ(韓国)は、熊本空港カントリークラブで行われる「KKT杯バンテリンレディス」からシーズンをスタートさせる。

10日(火)から18ホールの練習ラウンドを行うなど、精力的に調整。「ここはグリーンが小さくて固いので難しいですね。非常に攻略しづらいところだと思います」と警戒ポイントも早速見えてきた。ところで、この日のシネは、非常にシックな姿となっており、去年までのセクシーウェアじゃなくなっていた。
もうセクシーウェアは卒業か!? …というわけでなく、実はこれ、契約を結ぶアディダスのプレミアムライン『adipure(アディピュア)』のウェア。今年から、去年までのいわゆるセクシーと呼ばれていたアディダスのウェアだけでなく、こちらも着用するのだ。「アディピュアは、今までのものよりも端正な感じでちょっと高級感があります。もちろん去年までのスポーティで動きやすいウェアも着ますよ。両方着るので、ファンの方にはバリエーションを楽しんで欲しいです」とのこと。
「久々にツアーに来て緊張感と共にすがすがしい気持ちと、頑張ろうという高揚感がありますね」と久しぶりの舞台に気持ちは高ぶるばかり。今年は上品さも交えつつ、日本での二年目のシーズンが始まる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>