【タロット占い】選んだタロットカードでわかる、新たなシーンへの溶け込み方

写真拡大

 気ままな自由人を意味する「愚者」のタロットです。あてがないからこそしがらみもなく、フリーな状態にある愚者は、行く先々に待ち受ける出会いや出来事に遭遇する可能性を秘めています。新天地を訪れた愚者から、新たなシーンへの溶け込み方を見てみましょう。

【質問】
 個性的な「愚者」のタロットから、新天地や新しい環境をイメージしてタロットを選んでください。

A:愚者
B:愚者
C:愚者

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「新たなシーンへの溶け込み方」
 3枚のタロットは、未知の世界に飛び込んだ人物を意味します。選んだタロットは、新たなシーンでのあなた自身に意味付けられるでしょう。新しいシーンで溶け込むには、どうしたらいいのか? 選んだ愚者のイメージから導いてみましょう。

■A:一番左の「愚者」のカード……気構えないようにしてマイペースにいく
 周囲を見渡しながら楽しそうに歩く「愚者」です。気になることがあれば、歩み寄り、疲れたら休憩をとり、気ままに散策している様子が伺えます。あなたが新たなシーンに溶け込むには、ここに描かれた愚者のように、マイペースにいくことがオススメです。頑張って周りに合わせたり、会話をしようとせず、自然体のあなたでいることが1番なのでしょう。気構えず、力を抜いていくことです!

■B:真ん中の「愚者」のカード……話題を提供して会話をはじめる
 テーブルを前に、何かを語っているかのような「愚者」です。手にしているアイテムは話題の1つなのかもしれません。あなたが新たなシーンに溶け込むには、ここに描かれた愚者のように、自ら話題を提供して会話をはじめることがオススメです。目が合ったときや、何かを話したさそうな素振りをしている人がいたら、笑顔を向けてみて。ちょっとしたアクションが会話のきっかけになります。

■C:一番右の「愚者」のカード……状況を把握してあわせる
 いろいろなアイテムに囲まれる「愚者」は、周囲で起こる出来事や、出会う人々への関心を意味しているように見えます。周りの変化や状況を察して、それに合わせて行動していく様子が伺えるでしょう。あなたが新たなシーンに溶け込むには、ここに描かれた愚者のように、「今」を把握しながら、フレキシブルに動くことがオススメです。タイムリーなシーンに合わせていきましょう!

 誰もが初対面というときはもちろん、新入りとして飛び込むときも、新入りを迎え入れるときでも、環境が変わることに違いはありません。溶け込もうとする意志は相手にも伝わります。勇気を出して、新しい出会いと出会った人との関係を楽しみましょう!
(LUA)※画像出典/shutterstock