3月の英消費支出、雪の影響で前年比+2.0%に鈍化=調査

写真拡大

[ロンドン 10日 ロイター] - バークレイズ<BARC.L>のクレジット・デビットカード部門、バークレイカードが10日発表した3月の英消費支出は前年同月比2.0%増で、2月の3.8%増から鈍化、2016年4月以来の低い伸びとなった。

英国の多くの地域では、2月下旬から3月上旬ごろにかけて、降雪や気温の急激な低下に見舞われた。バークレイカードのマネジングディレクター、ポール・ロックストーン氏は「寒波の影響により消費者が家にこもったため、消費支出の伸び鈍化につながった」などと指摘した。

一方、英小売協会が公表した3月の小売売上高は前年比2.3%増で、伸び率は2月の1.6%を上回った。イースター休暇のセールが2017年は4月だったのに対し、今年は3月だったことが背景にある。

既存店ベースの小売売上高は1.4%増えた。2月は0.6%増。