ファーストヴィレッジ代表取締役社長 市村洋文氏

写真拡大

だれにとっても時間は平等にある。だが成果を残す人は、その使い方が違う。そして違いが出るのは、平日ではなく休日だ。トップ営業マンは休日をどう活用して、まわりに差をつけてきたのか。3人の識者に6つのテーマについて聞いた。第6回のテーマは「燃える魂を取り戻したい」――。(全6回)

※本稿は、「プレジデント」(2017年5月15日号)の特集「一流の人の1週間」の記事を再編集したものです。

市村さんの教え
「誰のために働くのか」を自分に問う

■夢を持てば、自信につながる

目の前の仕事に情熱を失っているなら、「この仕事は誰のためにやるのか」をもう1度、考えてみましょう。

普段忙しく働いているときは、こういうことを見失いがちですし、ゆっくり考える暇もないでしょうから、休日は仕事の意味を見直すいいチャンスです。

私の考えでは、人が最も強い力を発揮するのは、自分以外の「誰かのために」働くとき。「愛する家族のために」「震災にあった方のために」「仲間の幸せのために」など、誰かに喜んでもらうために、人はすごい力を発揮するものです。やる気が出ないなら、救いたい人の顔を思い浮かべてみるといいですよ。

次に力を発揮するのは「自己実現」のために働くとき。そのためには「夢」を持たなくてはなりません。「夢」があるから「目標」がある。「目標」があるから「計画」がある。「計画」があるから「行動」がある。「行動」があるから「成果」が出る。「成果」が出るから「自信」がつく。「自信」があるから次の「夢」につながるんです。その「夢」は最初に見た夢よりも高く、そして大きくなっている。これを私は「夢サイクル」と呼んでいます。

「なんとなく野球していたら甲子園に出られました」という人や、「ぼうっと歩いているうちにエベレストに登っちゃった」という人が1人もいないように、大きな「夢」を実現するためには、今を真剣に生きなくてはなりません。魂を燃やして全力で努力しなければなりません。そう考えたら、休日もうかうかしてはいられないですよね。

▼「やらされている」から、「やる」に切り替える

川田さんの教え
「弱い自分」をまずは受け入れる

■休日だけでも、ゆったり休む

もし今、自分の状況がしんどくて燃えられないのなら、無理に「元気を出そう」と思う必要はありません。気分がふさぎきっているときに、週末に何かエネルギッシュなことをして燃える魂を取り戻すなんて難しいですよ。平日は忙しくしていても、休日だけでもゆったり休むこと。そして今の自分を認めてあげることです。

大事なのは、今の自分を否定しないこと。失敗で自分を責めないこと。甲子園でエラーをして試合に負けてしまった野手は、立ち直るまでに時間がかかると思いますが、卒業や進学、就職など、年月を重ねていくうちに、「いい思い出だ」といえる日がきっと来る。今起きていることがどれほど辛くても、死んでしまいさえしなければ、いつか思い返せる日が来ると思います。

私の息子は小学校から有名私立校に入りましたが、学校が合わずに中学をやめ、月曜日の夜中に週刊少年ジャンプを買いに行く以外、半年ほど外に出なくなりました。しかし彼はある一冊の本と出合い、自分で決心して、中学2年生からニュージーランドに留学し、ありがたい評価を貰って高校を卒業し、日本に帰ってきました。今、僕と息子の間では、「あのとき学校をやめて本当によかったな」と話しているんです。

弱い自分、成果が上がらない自分を、他人のせいにして正当化するのはよくありません。しかし弱い自分を受け入れてあげることはしていいと思いますよ。少しずつパワーをためて、動けるようになったら、環境を変えていけばいいんです。

▼失敗も、時間が経てば、いい思い出になる

----------

市村洋文
ファーストヴィレッジ代表取締役社長。
野村證券入社後、前人未到の月間手数料収入6億円を達成。その後、KOBE証券の社長に就任し上場に導く。2007年に現在の会社設立。著書に『1億稼ぐ営業の強化書』。最新刊は仕事を効率化し人脈を驚異的に広げるメモの取り方を書いた『1億稼ぐ人の「超」メモ術』(ともにプレジデント社)。
 

川田 修
プルデンシャル生命保険エグゼクティブ・ライフプランナー。
リクルート時代、年間最優秀営業マン賞受賞。1997年プルデンシャル生命保険に入社し、2001年営業成績全国約2000人中1位となる。著書に、テクニックではなく人間力で営業をする方法を説いた『僕は明日もお客さまに会いに行く。』(ダイヤモンド社)などがある。
 

----------

(ビジネスライター 嶺 竜一 撮影=和田佳久)