小松美羽の作品は、「悪いことをするな」と告げてくれるアート

写真拡大

2014年「新・風土記」出雲大社奉納、2015年「天地の守護獣」大英博物館日本館永久展示、「遺跡の門番」クリスティーズに出品・落札。2016年「The Origin of Life」4ワールドトレードセンター常設展示…。競争が激しいアートの世界で、なぜ、いま小松美羽が評価を集めているのか?その理由を、話題の新刊『世界のなかで自分の役割を見つけること』の内容からお伝えしていく。

お天道さまがいつも見ている

 2017年から、本格的なアジアへの展開が実現したのは、Whitestone Gallery のおかげだ。

 銀座に二つギャラリーを持つ Whitestone Gallery は、未来を見据えて香港に本社を移転、台北にもギャラリーをオープンした。

 CEOの白石幸栄さんはこう語っていた。「アートの熱は、世界を巡回して旅をする」と。

 19世紀にヨーロッパにあったアートの熱は20世紀になるとアメリカに移り、これからの二一世紀はアジアに移ろうとしている。

 アートは言語にとらわれないから、本当の意味で自由な旅人だ……。

 そこで白石さんは、日本にとどまらず欧米にとらわれず、これからアジアを盛り上げていこうとしているのだ。

 Whitestone Galleryの台湾と香港のスタッフ、海外戦略メンバー、日本戦略メンバー。

 多くの方が私に関わってくださっている。

 白石さんには、コレクターとの関係も重要だと教わった。

 決して安いものではないのだから、実際にお金を出して所有するというのは、それだけ作品が大好きで、深く関わってくれるということだ。

 私はずっと「たくさんの人に見てもらえる、展覧会向けの大きな作品を」という意識でいたが、コレクター向けの小さい絵も描くようになった。

 こう考えると、コレクターもまた、チームの仲間なのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)