「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

クイズ8人に聞きました!「正しい保険はどれ?」

前回は「資産運用のための保険」という考え方のどこに問題点があるかを見ました。

※参考
なぜ保険会社は「商品の利回り」ではなく「返戻率」を見せたがるのか?

保険は資産運用のためのツールではありません。
だとすれば、何のためにあるのでしょうか?

そう、もちろん「万が一のときの経済的保障」をしてくれるのが保険です。ただし、これについても多くの方が誤解をしています。
そこで今回は「万が一のときのための保険」という考え方の落とし穴について説明させてください。

まずは気軽に次のクイズ「正しい保険はどれ?」を眺めてください。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)