[ボアオ(中国) 9日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は9日、世界の景気回復が定着しつつあるとの見解を示した。ボアオ・アジアフォーラムで語った。

同時に、将来の不透明性を注視すべきとし、すべての国が将来の危機に備える必要があるとした。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)