出典: NOSH(ナッシュ)

さりげない気遣いや気配りができる女性というのは、男性の“理想の彼女像”であるともいえます。

普段の彼女とのLINEでのやり取りの中でも、ちょっとした気遣いが見られると、“この子は手放したくない”と男性は感じするものです。

そこで今回は、いつまでも彼氏に愛されるLINEでの“気遣いテク”を紹介します。

 

■「明日起こそうか?」と言う

彼氏が仕事などで翌朝にいつもより早く起きなければいけない場合、「明日起こそうか?」とか「モーニングコールしようか?」と言ってあげると、「いい彼女を持ったな」と彼氏はしみじみと実感すするものです。

特に、大事な仕事で絶対に寝坊できない状況だったら、それをちゃんとわかったうえでサポートしてくれようとする彼女の姿には、彼氏は心を奪われるはずです。しかも、奥さんがするような行為でもあるので、ふたりが夫婦になったときのことを想像しやすいかも。

 

■「体調の心配」をする

体調があまりよくないときやちょっと弱っているときに、彼女が心配のLINEを送ってくれたら、すごく癒されるし大切にされていると実感もできるもの。いつもより元気がないことにきちんと気づいてくれることも、彼氏はうれしいはずです。

彼女であれば、彼氏が体調不良のときは、家に行って看病してあげようという思いにもなるかもしれませんが、いきなり行ってしまうのはやや危険です。気を遣わずにひとりでゆっくりと眠りたいと考える男性も多いので、「何か買って行こうか?」と前もって連絡をすることは必須でしょう。

 

■「何か手伝えることある?」と聞く

彼氏が仕事などで大忙しな状態のときは、やはり彼女としてさりげない気遣いを見せることが大事。「何か手伝えることある?」とか「私にできることがあったら何でも言って」とひと言告げてあげるだけで、彼氏はあなたの愛情を感じてくれるはずです。

ただ、「何かをしてあげたい」という気持ちが強くなって、色々と口を出したり手伝おうとしたりしすぎると、男性には鬱陶しく思われてしまいます。控えめながらも、いつでも陰ながらフォローをする意志はあるというところを見せる程度にしておくのがベストでしょう。

 

■再度「感謝」を伝える

彼氏に何かをしてもらったり、プレゼントをもらったりしたときは、当たり前ですが、ちゃんと感謝の気持ちを伝えることが大切です。その場で感謝の言葉を述べるのはもちろんですが、そのあとで再度、LINEでも感謝を伝えると、彼氏もかなりの満足感を得られるはず。

二度に分けて感謝の気持ちを述べられると、本当にうれしく思っていることが伝わりますし、LINEで文字にして言われることで、しっかりと彼氏の心にも刻まれます。普通のデートのあとでも、「ありがとう!今日は楽しかったよ!」とLINEで彼氏に送ってあげると、いつまでも愛される彼女になれるでしょう。

☆みんなの【LINEテク】をのぞき見!

彼女からの気遣いが感じられると、男性は素直に喜んでくれるものです。

それは愛情としても受け取れるので、「この子のことは大事にしたい」という思いにだってなるはずですよ。

【画像】

※ lenetstan/Shutterstock

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ