消費増税可能な経済環境作っていく=黒田日銀総裁再任で麻生財務相

写真拡大

[東京 9日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁が9日、再任されたことをを受け、同総裁と安倍晋三首相、麻生太郎財務相、菅義偉官房長官、茂木敏充経済再生担当相が同日夕、会談した。

会談後に麻生財務相は記者団に対し「会談で、政府・日銀の共同声明の枠組みを堅持することを確認した」と述べた。「2019年10月の消費税引き上げが可能な経済環境を作り上げる必要がある」と指摘、「政府・日銀が緊密に連携し、アベノミクスの政策を動員し、デフレ脱却を目指す」と強調した。

また黒田日銀総裁は「2%の物価安定目標を目指し、強力な金融緩和を粘り強く続ける」と述べた。