画像提供:マイナビニュース

写真拡大

システムインテグレータとアシストは4月9日、PostgreSQLおよびEnterpriseDB社が提供するEDB Postgres10.1に対応したデータベース開発支援ツール「SI Object Browser for Postgres 18」を、同日より販売すると発表した。

EDB Postgresは、PostgreSQLをエンジンとしたデータベースで、EDB Postgresに特化したクラスタウェアをはじめ、コマンド1つで複数データベースのバックアップ取得/管理ができるバックアップツール、性能監視や周辺システムとの連携ツールなどがオールインワンで提供されている。

「SI Object Browser for Postgres 18」は、Ver.3からのバージョンアップ版だが、今回よりバージョン表記ルールを変更し、リリース年(西暦下2桁)を付与していくこととなった。

新しいバージョンでは、EDB Postgres 10.1に対応した。

「SI Object Browser for Postgres 18」のクライアント・ライセンス(メディア)/保守価格(2年間)は、1ライセンスの場合46,500円/18,600円、5ライセンスの場合118,500円/47,400円、10ライセンスの場合166,500円/66,600円。