先日、「急に(花粉症が)来たので、とんぷく的に『アレグラ』を飲んだんですけど、こういう飲み方してもいいですか?」という質問を受けました。今年は症状が出ないと思っていたけど今ごろ出た!というわけですね。花粉症向けの市販薬が増えて、使い方に迷うこともあるでしょう。結論を先に言いますと、「アレグラ」をとんぷく(頓服:1回だけ服用する)的に飲んでもかまいません。

今そこにあるかゆみを抑えるなら第1世代

まず抗ヒスタミン薬には第1世代と第2世代の2つに分かれます。

「アレグラ」は第2世代の抗ヒスタミン薬です。第2世代は、かゆみの元になるヒスタミンという成分を分泌させないようにするのが特徴です。かゆみの元を出さないことでアレルギー症状を抑えようという薬ですね。

アレグラの有効成分はフェキソフェナジンといいますが、これが血中に浸透し、血中濃度が十分になるとヒスタミンの分泌が抑制されるようになります。もちろん、飲んですぐに血中濃度が上がるわけではありません。ですから一番いいのは、花粉症の症状が現れる2週間ほど前から服用し、症状がで終わるまで飲みつづけることです。とはいえ、フェキソフェナジンには、すでに出てしまったヒスタミンを抑える作用もありますので、かゆみにまったく効かないわけではありません。

一方、第1世代は、すでに出ている炎症を鎮める薬です。そのため、かゆみには第2世代よりも効き目が早く出ます。今あるかゆみを何とかしたいという、とんぷく的な服用なら第1世代の方が効果的です。価格も第1世代の方が安いですしね。

抗ヒスタミン薬の有効成分は、ジフェンヒドラミン塩酸塩、フマル酸クレマスチン、マレイン酸クロルフェニラミンなどが代表的です。長い名前ですが、お薬の箱に書いてある成分名をチェックしてみてください。

花粉症がつづく間、薬をずっと服用してもいい?

近年はスギ花粉につづきヒノキ、ブタクサなどなどの花粉にも反応してしまい、アレルギー症状が長引く人が増えています。薬を病院で診察を受けながら処方してもらっている分にはいいのですが、市販薬で過ごしている人は、その間ずっと「アレグラ」や「アレジオン」を飲みつづけていいのかと不安に思う人もいるようです。

たしかに市販薬の添付文書には、「2週間を越えて服用する場合は、医師または薬剤師に相談してください。」と書いてありますね。

もちろん服用が長期にわたる場合、病院で診察を受けたほうがいいでしょう。ただ服用が2週間以上になることについては、それほど神経質になる必要はありません。花粉症のピークで鼻がつまる、目がかゆいなど、いちじるしくQOL(クオリティー・オブ・ライフ)が低下するよりは、薬で抑えたほうが得策でしょう。その際、日中眠気が出ない、だるくならないなど自分に合った抗ヒスタミン薬を使うことが大切です。

新しい抗ヒスタミン薬の効き目は?

アレルギー症状の人が増えているからでしょうか、第2世代の抗ヒスタミン薬には次々と新製品が出ています。処方薬からドラッグストアで買えるようになったものは「アレグラ」「アレジオン」のほか、「クラリチン」「ジルテック」「エバステル」などがあります。

どの処方薬がいちばん効くのか?については一概には言えません。「すごく効く!」という画期的な抗ヒスタミン薬はありません。では何が違うのかというと、効き目が出るまでの時間だったり、眠気などの副作用の出方だったり、用法の違い(1日1回か2回か)であったりします。用法はともかく、効き目、副作用の出方には個人差があります。

一般的に、第2世代の抗ヒスタミン薬は副作用が少なく、眠気が出にくいとされていますが、中には「アレグラ」で眠くなる人もいます。また、「アレグラ」や「アレジオン」は効かなかったけれど「アレロック」(処方薬)は効いたという人もいれば、その逆の人もいます。人と薬にも相性があります。ですから病院で「アレグラ」を処方されて、2週間飲んだけれども症状が改善しないという場合、ほかの薬に換えてもらうといいでしょう。

今のところ、比較的効き目が早く現れ、副作用が少なくて1日1回飲めばいい「ザイザル」がいちばん優れているという評価がありますが、あくまで一般論であって人によって感じ方は違うでしょう。「ザイザル」は新しい薬なので市販はされておらず、処方薬のみです。

自分に合った薬を見つけておくといいと思います。それを飲めば「花粉症が治る」わけではありませんが、いざというときの「お守り」としての薬はあれば安心できるでしょう。

抗ヒスタミン薬は複数あります。2週間服用して改善しないときは薬剤師に相談するのも手。



■賢人のまとめ
すでに発症している場合は「第1世代」抗ヒスタミン薬のほうが効き目が早く出ます。「アレグラ」「アレジオン」など第2世代の抗ヒスタミン薬は、発症する前から飲むことで症状を軽減する薬。薬にも相性があるので、花粉症と長いつきあいになりそうな人は病院で診断を受けて、自分に合った薬を知っておきましょう。

■プロフィール

薬の賢人 宇多川久美子

薬剤師、栄養学博士。(一社)国際感食協会理事長。明治薬科大学を卒業後、薬剤師として総合病院に勤務。46歳のときデューク更家の弟子に入り、ウォーキングをマスター。今は、オリジナルの「ハッピーウォーク」の主宰、栄養学と運動生理学の知識を取り入れた五感で食べる「感食」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」などを通じて薬に頼らない生き方を提案中。「食を断つことが最大の治療」と考え、ファスティング断食合宿も定期開催。著書に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)『それでも「コレステロール薬」を飲みますか?』(河出書房新社)など。LINEお友達限定で、絶対に知っておきたい薬のリスク情報配信中。