心優しい男性のなかには、メンタルが強くない男性もいますよね。もちろんそれは悪いことではありません。人よりも繊細な心の持ち主というだけのこと。

とはいえ、自分の彼氏のメンタルが弱いとなると、どう接すればいいのかわからないときも……。本当に支えきれるのか、彼女として不安に感じていませんか?今回は、メンタル弱めな彼氏の支え方をご紹介します。

いい意味で放っておく

あれこれ詮索したり「何かしてあげたい!」と世話を焼いたりすると、彼にウザがられる可能性があります。辛いときはできるだけそっとしておいてほしい、という男性は多いです。

そのため無理にデートに誘わず、一人の時間を多めにとってあげましょう。例えば、悩むたびに一人旅へ行く傾向があるなら「一人旅にでも行ってきたら?」と伝えてあげる。すると、彼は気持ちを整理する時間を作れます。

いつもと違う場所に行くだけでも、精神的な辛さが緩和されることもあるもの。一緒にいて何かしてあげることだけが愛情ではありません。一番近い存在だからこそ、離れてあげるのも愛情表現のひとつです。

黙って話を聞く

彼が話したくなったら、あなたの出番です!しっかり話を聞いてあげましょう。ただ余計な相槌やアドバイスは不要。「わたしもそうゆうときあったよ」「こうすればいいんじゃない?」などと言えば、傷付くだけです。

彼は吐き出したいだけ。気持ちをわかろうとしなくてもOK。何か言うなら、「頑張ったね」「辛かったんだね」の一言で十分です。話し終えたら「話してくれてありがとう」と言えば、彼の気持ちも落ち着くでしょう。

ただ横に座って、そっと寄り添ってあげるだけでもいいと思います。こういったときは癒しが大事なのです。

彼の味方になってほめる

もし彼が人間関係で辛い思いをしているなら、味方になることが一番です。話を聞きながら、「あの上司?最悪だよね!すごい性格悪いよね」と励ますのもひとつ。

そして、彼の行動をほめてあげる。「そんなこと言ってやったの?えら〜い!」「さすがだね!」「わたしはあなたの味方だよ」と前向きな言葉をかければ、気分転換できるはず。このとき、頭を撫でてあげるのもいいでしょう。

人は、自分の欲求を満たしてくれる人を好きになるのです。落ち込んでいる彼氏を元気にしてあげれば、2人の関係はより強固なものになるでしょう。

「大丈夫」と言って抱きしめる

最後は、スキンシップ。彼女が優しくハグをすれば、気持ちも安らぎます。彼が話し終えたら、抱きしめてみましょう。

不安があるから、落ち込んでいるのです。抱きしめながら「大丈夫だよ」と言ったり、背中をポンポンと軽く叩いたりすれば、より喜んでくれるはず。

彼の弱い部分を受け止めてあげると愛が深まります!

メンタルが弱いからこそ、優しい部分もたくさんあって、他の人にはない魅力的な部分もたくさんあるでしょう。

ただし、あまりにも振り回されすぎるのは疲れてしまいます。彼と向き合うというよりも、ほどよく支えてあげるイメージで、あなた自身が疲れないように気をつけて!