エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

写真拡大

7回先頭まで完全ペース、12Kすべて空振り…MLB公式ツイッター「反則級の直球」

 米大リーグのエンゼルス大谷翔平投手が8日(日本時間9日)、アスレチックス戦で本拠地初先発し、12三振を奪い、7回1安打無失点で2勝目。7回先頭まで完全投球という衝撃の内容で本拠地初白星となった。特に毎回奪った12三振はすべて空振り。160キロに迫る直球とキレキレのスプリットで三振の山を築いた。打者・大谷で3戦連発に続く躍動。大谷がメジャーの洗礼を浴びるどころか、メジャーが大谷の洗礼を浴びる奪三振ショーを、MLB公式ツイッターが動画付きで速報している。

 大谷がメジャーに洗礼を浴びせた。衝撃の91球だった。初回。先頭のジョイスから3者連続空振り三振で立ち上がると勢いに乗った。全米の注目を集める二刀流右腕を打ち崩そうと躍起になるアスレチックス打線のバットが面白いように空を切った。160キロに迫る直球とキレ味抜群のスプリット。三振を取る度に本拠地のファンは沸いた。

 大記録すら予感させた。6回まで1人の打者も出さず、完全試合ペース。7回、1死取った後、セミエンに左前打を打たれ、偉業を逃した。しかし、快投を続けた本拠地のファンは総立ちで喝采を大谷に送った。四球を出し、最後は2死二、三塁としたが、5番オルソンに対してボールになる低めスプリットで空振り三振。マウンド上で雄叫びを上げた。

 7回1安打1四球で無失点。毎回奪った12三振はすべて空振りというから、いかに大谷が相手打線を手玉に取っているかが分かる。MLB公式ツイッターは「衝撃の12K」のすべてを動画付きで公開。「オオタニの武器は反則級のストレート。驚嘆させられるパフォーマンス」と絶賛し、全米のファンに瞬く間に驚愕が広がっている。

 打者で3戦連発。投手で完全試合ペースの12K奪三振ショーで2勝目。開幕前、「日本のベーブ・ルース」と呼ばれた二刀流に対する見方は厳しく、大谷がメジャーの洗礼を浴びると思いきや、洗礼を浴びているのはメジャーの方だ。果たして、ここからどんな活躍を見せるのか。もはや、想像もつかない。(THE ANSWER編集部)