写真はイメージです(写真=iStock.com/twinsterphoto)

写真拡大

遅刻したときに、「言い訳」をする人がいる。交通機関の混乱であれば理由にもなるが、それ以外は言えば言うほど周囲の印象を悪くする。それでもなにか言いたくなるのは、なぜか。裁判傍聴をライフワークにする北尾トロさんは、「屁理屈を積み重ねて、裁判官の心証を悪くする被告人が多い」という。言い訳で損をしないためには、どうすればいいのか――。

■なぜ遅刻すると必死に弁明・弁解しようとするのか

人付き合いにおいても、円滑なビジネスマン生活を保つためにも、「言い訳」の作法を守るのは重要なことだ。言い訳については以前にも2回書いているが(※)、新入社員がデビューする時期でもあるので、再度取り上げてみたい。

※「なぜ、ビジネスマンは法廷で野々村被告レベルの言い訳を連発するか?」、「253万ネコババ"窓際係長"言い訳の屁理屈」

遅刻したときに、こんな言い訳(弁解・弁明)をする人がいる。

「いつもより駅の構内が混んでいて、スムーズな乗り換えができなかった」
「目覚まし時計が鳴らなかった」

言われるほうにしてみればどうでもいいことだ。自分に対する評価を下げる行為であることは本人もわかっている。でも、なぜかガマンができず、言い訳をしたくなる。

「人身事故が発生して電車が止まってしまった」

これなら遅れた理由になっているから理解されるかもしれない。でも「目覚まし時計が鳴らなかった」はダメだ。これが許されるなら、なんだってアリになってしまう。出掛けに子どもがグズった。出かけるついでにゴミ捨てしようと思ったら場所が変わっていて探すのに苦労した。定期入れを忘れて家まで戻った……。それで済むならタイムカードなんかいらない。

▼「私の事情をわかってください」という心理

では、人はどうして言い訳せずにいられないのか。

日本では幼い頃から「嘘をつくのはよくない」「約束を破ってはならない」「時間を守るのが人としてのマナーだ」と教育される。いずれも正論なので、そういうものかと思って育つ。約束の時間に遅れたら何はさておき「ごめんなさい」と謝る文化なのである。遅れても謝らない人は「エラソー」「ふてぶてしい」と受け取られる。

まっとうな理由があろうとも、相手を待たせたり、約束を果たせなかったりする場合にはひたすら謝る。それがもっとも無難な対処法だからそうするのだが、心のどこかに「でもさ……」という気持ちがあるときは、意味がないと知りつつ、相手にそれを伝えたくなるのだ。

言いたいことはひとつ。「わざとじゃないのです」。相手に対し「私の事情をわかってください」とお願いするわけである。

■“遅刻の弁明”をするればするほど小者臭くなる

相手が友人なら、笑って許してくれる確率は高い。親しい同僚や恋人も大丈夫だろう。しかし、上司や部下、取引先などが相手のときは、謝罪のみとし、言い訳はガマンするに限る。距離感のある相手に対する言い訳は、見苦しく思われたり、自己保身丸出しの態度に見られたりしがちで、あなたが決して望まないであろう“小物感”を相手に与えてしまう。

だが、謝罪後に沈黙を保つことは意外に難しく、聞かれてもいないのに弁解がましくしゃべってしまいう人が多い。上司に頼まれた仕事があり、放っておいたら「まだか」と急かされた。「すみません」の後、つい口が滑る。

「いまやっている仕事が片付き次第やるつもりでした」

そんなことを言っても上司は怒るだけだ。とっさの反応には人間性が出やすいので、ダメな部下の烙印を押されかねない。

▼罪を認めつつ言い訳ばかりする被告人の目的

裁判でも同じことが言える。

裁判傍聴していると、罪を認めているのに、被告人質問で言い訳ばかりする被告人が多いことに気づく。少しでも軽い刑にしたいという願いから、くどくど弁解をするのだろうが、しゃべっているうちに興奮してくるのか、まるで悲劇のヒーローみたいな発言になってくることさえある。

こうなると逆効果。反省度合いに疑問符が付けられ、裁判長の心証も悪くなる。言い訳の上手下手で量刑が変わることはないだろうが、裁判は人が人を裁くもの。ときにはマイナスに働くこともあるだろう。

容疑を否認し、無罪を主張する事件では、検察の証拠を突き崩せるかどうかが判決の分かれ目となる。筋の通った説明をして「だから私はやっていない」と主張することが、検察と渡り合うための前提条件。この場合、緊迫感のあるやりとりが期待できる。

でも現実には、そういう裁判に出会えることはまれ。証拠がそろい素人目にも「間違いなくやっている」と思うような事件で、無罪を主張する被告人のほうが断然多い。こうなるともう、弁明は屁理屈を積み重ねたものになる。

ストーカー容疑で捕まった被告人が「単なる愛情表現」と言い張る行為が、相手の勤務先への誹謗中傷ファクスの山だったりするのだ。チカンの被告人が「悪いのは私じゃなくて、おしりを触りたがる手だから無罪」と言って譲らず、そんな言い方もあるのかと驚かされたこともある。

■しれっと小学生以下の屁理屈を言って人をイラつかせる

僕の傍聴歴の中でも群を抜いて器の小ささを感じたのは、かれこれ10年ほど前に聞いた、前科7犯の窃盗常習犯オヤジの言い訳だった。東京・池袋駅前で自転車カゴに置き忘れられていたセカンドバッグを盗んだ容疑だが、断固として否認。近くの交番にいた警察官が一部始終を見ていて、職務質問の末に逮捕されたが、その言い訳がふるっている。「たしかにバッグをかごから取り出したが、盗むつもりはなく、交番に届ける途中だった」から無実だと言う。

それはおかしい。被告人はバッグを持つと、交番とは逆の方に歩きだしていたではないか。検察の追求に、しれっとしてこう答える。

「たしかに逆方向に歩きましたが、気持ちとしては届けるつもりでした」

首をかしげるしかない言い草だが、弁護人はマジメな顔で裁判長に訴える。

「被告人の行動は怪しいかもしれませんが、大きく迂回しながら交番に向かおうとしていたにすぎず、無罪です」

こんな弁護をするために法曹界に入ったわけでもあるまいに。誰の心にも響かない主張と、小学生以下の理屈。勝ち目はまったくない。それでも人は黙ってはいられないのだ。

▼言い訳=自己正当化なので、言うのをやめてみる

マナー違反したとき反射的に言い訳するのは一種の習慣にすぎない。家でも職場でも一切言い訳しないと決め、一週間それを守るだけで、劇的に変わることができるだろう。

きっと一切言い訳しないと決めた初日から、自分がこれまでいかに言い訳を多用してきたかが実感できるほど、ガマンの回数が多いはずだ。謝罪だけで終わらせることに不安を感じるかもしれない。

それが3日目あたりから変わってくる。言い訳をしなくてもその場は収まるものだし、話も短くて済むのだ。遅れたり約束を破ったりした理由を尋ねられたときは、もちろん答えていい。

「電車に乗り遅れてしまいました」

内容は同じでも、これは理由の説明であって言い訳ではない。言い訳でなければ相手に“小物感”を与える心配もなく、萎縮せずにビジネスの話に入っていけるだろう。

もうひとつの効果は、気分が前向きになることだ。言い訳は、自分の行動を正当化することなので、疲れるうえに、自分も相手も面白くない。それだったら、ひとり静かに反省し、過ちを繰り返さない手段を講じるほうがはるかにマシである。

(コラムニスト 北尾 トロ 写真=iStock.com)