<マスターズ最終日◇9日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
海外メジャー初戦「マスターズ」最終日。3日目を終えて首位に立ったのは、トータル14アンダーのパトリック・リード(米国)。3打差からローリー・マキロイ(北アイルランド)が追う展開となったが、9打差・トータル5アンダーからスタートしたジョーダン・スピース(米国)が猛追し、トータル13アンダーでホールアウトした。
360度カメラで現地オーガスタの雰囲気をチェック
スタートホールから連続バーディ発進となったスピースは、前半9ホールで5つスコアを伸ばし、トータル10アンダーに乗せる。後半になっても勢いは衰えず、12番から連続バーディを奪い、15番、16番でも伸ばして、この時点で首位を走っていたリードの背中を捉える。
17番はパーとするも、18番はティショットのミスでボギー。それでもパトロンを沸かせる「64」となった。
首位のリードは、15番終了時点でトータル15アンダー。これまでの最終日の最大差逆転勝利は「8打差」で、スピースが逆転優勝すれば新記録となる。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

マスターズ3日目 リーダーボードはこちら
松山英樹のすべてのプレーを振り返る!1打速報
<速報>松山英樹は3アンダー、初出場・小平智はイーブンパーでホールアウト
マスターズ最終日組み合わせはこちら
ジョーダン・スピースが教えてくれたパターが入る『4つの金言』