会津バスのボンネットバス「ハイカラさん」に新型車両が登場。三菱ふそうトラック・バスの小型バス「ローザ」を改造した(記者撮影)

運転席の前にエンジンが突き出た独特の形状は、まぎれもなく昔懐かしいボンネットバスである。しかし、明るい日差しを浴びてキラキラと輝く2つの車体はどこから見ても新車そのものだ。


3月31日に会津バスが開いた新型ボンネットバス「ハイカラさん」の出発式(記者撮影)

3月31日、ボンネットバスの新車2台が福島県のJR会津若松駅前に登場した。その名は「ハイカラさん」。鶴ヶ城、会津武家屋敷、東山温泉、飯盛山などの観光スポットをぐるりと1周するバスだ。会津若松市内のバス事業者・会津乗合自動車(会津バス)が、老朽化していたボンネットバスを置き換える形で導入したのだ。

レトロな街並みによく似合う

ボンネットバスは昭和初期から30年代にかけて全国で活躍したバスの一形態。車体の長さに比べて客室スペースが少ないことから輸送効率が悪く、エンジンを車両後部に配して客室を広げた箱型バスに取って代わられた。


東洋経済オンライン「鉄道最前線」は、鉄道にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら。

とはいえ、その特徴的な外観ゆえにボンネットバスは町の人気者だ。道路を走れば行き交う人の視線が集まる。路線バスから撤退したボンネットバスは観光・イベント用に活路を見いだしたが、年月が経つにつれ車両は老朽化で故障がちに。

修理をしようにも古い車両ゆえに部品の調達が難しい、そのため多くが廃車となり、今も現役で走るボンネットバスはわずかだ。滋賀県の近江鉄道が土日祝日を中心に運行してきた「彦根ご城下巡回バス」に使われたボンネットバスも50年近く走り続けた末、2017年で引退した。

では、会津バスが導入したボンネットバスはなぜ新車なのだろうか。

話はおよそ20年前にさかのぼる。1999年にJR東日本の観光列車「SLばんえつ物語」号が会津若松駅に乗り入れた頃だ。それまで会津エリアの観光手段といえば自家用車が主流だったが、鉄道で会津にやってきて、バスで市内観光する人が増え始めた。「二次交通の整備が必要だ」と考えた会津若松市を中心とした実行委員会は、2001年に観光地をめぐる新しいバスを導入することを決定。歴史のある会津の街並みにマッチするボンネットバスを採用した。


会津バスの初代ボンネットバス「ハイカラさん」。2001年に導入され17年間活躍したが、2代目登場でお役御免に(記者撮影)

古いボンネットバスを調達して高頻度で走らせるのは現実的ではない。当時、複数の自動車メーカーが市販のマイクロバスを改造したボンネットバスを観光・イベント用として全国に売り込んでいた。そこで、ハイカラさんも三菱自動車(現・三菱ふそうトラック・バス)のマイクロバス「ローザ」を改造したボンネットバスを採用することにした。

ハイカラさんは、会津若松駅を起点に約1時間かけて市内を1周して会津若松駅に戻るというわかりやすさが観光客に支持され大人気に。当初1時間おきだった運行ダイヤは、同じタイプのバスを2台に増やし、30分おきになった。さらに逆方向を回る周遊バス「あかべぇ」も2台投入。あかべぇには箱型のバスを導入し、計4台のバスが周遊することになった。逆回りも含めれば15分おきにバスが会津若松駅を出発することになる。

なお、運行ルートには市役所や会津若松駅などの公共施設も含まれるため、市民の利用も多い。このため、乗客を乗せきれずボンネットバスの後ろに、空いている路線バスを連ねて運行することもざらだ。


会津バスの佐藤俊材社長は、「ハイカラさん」の集客力に自信を示す(記者撮影)

もともと観光の足として導入されたボンネットバスだったが、次第にバス自体が観光名物となった。会津若松市の観光サイトのトップページでも観光スポットや名産品に交じって、ボンネットバスが堂々と紹介されている。「ハイカラさんを目当てにやってくる観光客も少なくない」と、会津バスの佐藤俊材社長が胸を張る。

戊辰戦争150年に間に合わせた

そのハイカラさんも2001年の導入から17年を経た今、走行距離は数十万kmに達し、しかも満員の客を乗せて毎日高頻度ダイヤで走るため、故障がちになってきた。修理しても1週間とたたずにまた故障することもある。代わりに箱型のバスをハイカラさんとして走らせる日も増えてきた。ボンネットバスで名所を巡るのが会津観光の売りなのに、これでは看板倒れだ。おまけに外装にも傷みが目立ってきた。雪国だけに、冬場に道路にまく融雪剤の成分が車体に悪影響を与えているのだ。

会津バスは老朽化したボンネットバスを新型車両に置き換えることを決断した。2018年は旧会津藩が一方の当事者となった戊辰戦争から150年という節目の年だ。関連イベントも目白押しで、新たなバスを導入して大勢の観光客を出迎えるという意味ではグッドタイミングだった。

どんなバスに置き換えるか。当初はボンネットバス以外の選択肢も考えていた。普通のバスに装飾を施すことでレトロ感を醸し出すこともできるからだ。

会津バスの佐藤社長が市民に意見を求めたところ、引き続きボンネットバスを希望する声が圧倒的に大きく、後継車もボンネットバスに決まった。とはいえ、ボンネットバスは改造を伴うため調達費用は箱型バスの比ではない。価格は非公表だが、「経営としてそれなりの覚悟で臨んだ金額」(佐藤社長)という。

ただ、重要な問題があった。三菱ふそうは現在、ボンネットバス化のような本格的な改造事業は行っていないのだ。ボンネットバスに改造できる業者はほかにいないのか。会津バスは日頃から付き合いのある宮城県白石市にある車体製造・整備会社「ヴィ・クルー」に相談してみたところ、「造ってみましょう」と二つ返事で引き受けてくれた。


ボンネットバスの改造作業を行った宮城県白石市にある車体製造・整備会社「ヴィ・クルー」の社員。左から2人目が、新旧両方の改造を手掛けた三星善浩事業本部長(記者撮影)

同社の三星善浩事業本部長は、かつて三菱ふそうで働いており、マイクロバスのローザをボンネットバスに改造した経験があったのだ。偶然にも2001年から運行するハイカラさんも三星氏が手掛けたものだった。「これも運命かもしれない」。三星さんは新旧2種類のボンネットバスの製造を引き受けることになった。

配線・配管を全部引き直し

今回も三菱ふそうのローザを改造することになったが、利用者が多いことを勘案して一回り大きいサイズの車を採用し、座席数を12席から18席に増やした。三星さんは、「ボンネットバスへの改造は簡単ではない」と言い切る。

たとえば、箱型のローザはエンジンの上に運転席があるが、ボンネットタイプにするために運転席を後方に移す必要がある。そうすると、ハンドル操作による回転をギアボックスに伝達するステアリングシャフトを運転席が後退した分だけ長くしなくてはいけない。同様に機器類やエアコンなどの配線、配管などを全面的に引き直す必要があった。


ボンネットバスへの改造が始まった段階では、まだ箱形バスの状態だ(写真:ヴィ・クルー)

外側はエンジンを覆うボンネットカバーを造ればそれでよいというわけでは済まない。各所にわたる細かい改造は厄介だ。ウインカー一体型のバンパーひとつとっても、ローザのウインカーをそのまま使用するため、ウインカーがぴったりと設置できるようにバンパーの形を整える必要がある。


運転席を後退させた状態のバス。エンジンはむき出し(記者撮影)

乗用車と違い、バスは受注生産だ。メーカーに注文しても納車までには結構な時間がかかる。2台のローザが工場に届くまでの間、会津バスとヴィ・クルーはバスのデザイン作成に追われた。たとえば、2台のボンネットバスにどんな色を施すか。数パターンのデザインの中から選ばれたのはロイヤルブルーとワインレッドだった。


「ハイカラさん」の内装。会津木綿を使ったカラフルなシートが印象的だ(記者撮影)

昨年10月、2台のローザがヴィ・クルーに到着した。それからおよそ3カ月かけて基幹部分を完成状態に仕上げ、その後2カ月かけて室内塗装を施し、車両外側の塗装も行った。シートには伝統的工芸品である会津木綿を使用し、降車ボタンには会津のマスコット「赤べこ」をあしらうなど、地元らしさをふんだんに取り入れた。「スケジュール的にはかなり厳しかったが、予定通りに納車できた」(三星さん)。


会津バスの新型ボンネットバス「ハイカラさん」。旧型に比べ重厚感が増した(記者撮影)

2代目のハイカラさんは、先代の雰囲気を残しつつ、ボンネットカバーが大きくなり重厚感のある仕上がりになった。いっぽうで、青と赤の色合いが明るく、会津の街中を走るとかなりの注目を集めそうだ。

訪日客呼び込みの武器になれるか

会津バスはバス調達に多額の費用をかけたというが、かといって、ヴィ・クルー側にとって儲けの大きいビジネスだったというわけではない。開発費用がかなりの金額に膨らんだためだ。


3月31日の出発式後、新車の「ハイカラさん」には大勢の客が乗り込んだ。訪日外国人客の取り込みに大きな期待が寄せられている(記者撮影)

もちろんヴィ・クルーにも目算はある。ハイカラさんの成功で、ボンネットバス導入を検討する自治体やバス会社が出てくるかもしれない。そのとき、もしベースの車両がローザなら、ゼロから改造する競合他社に対し、すでに実績のあるヴィ・クルーはコストと信頼性の両面で優位に立てる。

訪日外国人客(インバウンド)の急増に沸く観光地が全国で増える中、東日本大震災に見舞われた東北地方は取り組みが出遅れた。会津若松市を訪れた訪日客数はようやく震災前の水準に戻った程度にすぎない。しかし、「アジアから来た観光客の中には、ボンネットバスを見て驚く人もいる」と佐藤社長は言う。

米国ではスクールバスなどでボンネットバスが今も活躍するが、中国や台湾ではボンネットバスは珍しい存在のようだ。だとすると、ボンネットバスは今後、東北が訪日客誘致で巻き返すための強力な武器になるかもしれない。