この勢いで後半さらにバーディを奪いたい!(撮影:GettyImages)

写真拡大

<マスターズ 最終日◇9日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
海外メジャー初戦「マスターズ」はいよいよ最終日。トータルイーブンパーの21位タイから出た松山英樹が4バーディ・1ボギーとスコアを3つ伸ばしてハーフターンした。
世界NO.1の呼び声も、松山英樹の2018年最新スイング【連続写真】
松山は2番パー5でバンカーからの3打目を80cmに寄せて最初のバーディを奪うと、続く3番でもバーディ。4番でボギーを叩いたが、5番、8番とバーディを奪って折り返し。現時点でトータル3アンダー・14位タイにつけている。
同じくトータルイーブンパーから出た小平智は、2バーディ・2ボギーと8番を消化してパープレー。この後、キャリアグランドスラムのかかるロリー・マキロイ(北アイルランド)とパトリック・リード(米国)の最終組が日本時間3時40分にスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「マスターズ」リーダーボードで現在の順位をチェック!
最終日に猛チャージなるか!?松山英樹一打速報
最終日のペアリング、スタート時刻一覧
松山英樹はまたも最後ボギー「5、6アンダー出していればおもしろい位置だった」
松山英樹の夫人と娘もオーガスタ入り 家族で初のマスターズ