趣味をサイドビジネスに変えるための3か条

写真拡大

趣味をビジネスに変えるために必要なものは何だろう? ビジネス慣習についての確かな理解は必須だが、最も成功を収めるスタートアップの類いは、創業者が自らの情熱を注ぐプロジェクトから発展しているようだ。

情熱は、成功を収めるために欠かせないモチベーションやイノベーションなどの要素を動かす原動力になる。その情熱を培う最良の方法の一つが、自分の趣味を起業に向けた出発点とすることであるのは、何ら驚きではない。だが、何かに対する興味を収入につなげるには、一体どうすれば良いのか。

私は先日、作家、マーケティング専門家、起業家のジョン・ユーシャイを取材し、どのようにして趣味をビジネスに変えるかについていくつか見識を得た。ユーチューブのクリエーター・プロダクト・マーケティング部門を率いる彼は、親会社であるグーグル(アルファベット)でフルタイムの仕事を持ちつつ、ライティングやイラスト、マーケティングに傾ける情熱をサイドビジネスへと変え、信頼できる収入源にした。

ユーシャイは、職場での日常を描いた週刊漫画シリーズ「エブリ・バウエル(Every Vowel)」の立ち上げに加え、フリーランスのマーケティングコンサルタントとして大きな成功を収めてきた。ユーシャイによると、自分の関心を元に成功を収める上で重要だったことは3つある。

1. 情熱を経験と組み合わせる

ユーシャイは、趣味を個人的な経験と組み合わせることで成功した。エブリ・バウエルは「大人になってから子ども時代の情熱に気づいたことで始まった」とユーシャイ。「大学を卒業後、再度ペンを取って、職場や企業社会についての漫画を描き始めた」

ユーシャイは、描くことへの情熱を職場での経験と組み合わせ、笑いと共感を生む漫画シリーズを作り上げた。最初は作品を共有することに乗り気ではなかったものの、友達に勧められて作品の公開を始めた結果、大成功を収めた。ユーシャイは現在、40万人の読者を抱え、米誌タイムやビジネス・インサイダーなどの主流メディアで取り上げられている。

情熱と個人的な経験を活用すれば、はるかに高い確率で、他者が探し求める解決策を生み出すことができる。

2. 忍耐力と継続性を持つ

忍耐力はおそらく、趣味を収入に変えようと思っている人が身につけるべき最も重要なものの一つだ。最初は利益が少なかったりゼロだったりしても、プロジェクトを続ける意思が必要だ。継続して取り組まなければ、望む成果を達成できないだろう。

即効性を求めれば、長期的な成功は生まれない。一方で、短期間で成功を収められなくても粘り強く取り組み続けるために必要な忍耐力は、より良い決断を下すために欠かせない要素とされる。

また、成功した途端に忍耐力が不要になるわけではない。結果が出始めてからも、ビジネスにそれまでと同じ努力と集中力を注ぐ必要がある。「継続的にコンテンツを作り続けるのが成長の鍵」とユーシャイ。彼は毎週月曜日、自分のサイトに新たな漫画を投稿し、最初の成功が流れていかないよう努力している。

3. メンターと協力者を活用する

自分が情熱を傾けるプロジェクトをビジネスに発展させるとき、他人にその一部を任せるのは気が進まないかもしれない。しかし、共同創業者やメンターといった存在に支援を求めれば、自分だけで仕事を続けるよりも長期的な成功を達成できる。

ユーシャイにとって、エブリ・バウエルが人気を得るそもそものきっかけになったのが、メンターからの支援だ。米ペンシルベニア大学ウォートン校のアダム・グラント教授について、ユーシャイは次のように話した。

「私の大切なメンターのアダム・グラントは、その必要はないのに、私の漫画をTEDトークで紹介し、私にチャンスを与えてくれた。これにより、私の作品が話題と関心の的になっただけではなく、お墨付きをもらえた。私に与えられた多くの機会は、アダム・グラントから受けたもの。これからも彼にはずっと感謝し続けるし、この恩を他の誰かに送れたらと思う」

サイドビジネス構築を一人で進めたい衝動に駆られても、自力でできることや知識は限られている。メンターやパートナーを持つことで見識を得たり、生産性を上げたり、さらには財務的な支援を受けたりすれば、大きな差が生まれる。共同創業者は、自分の弱みを補い、未来の成長に向けた正しい手法構築の一助となってくれる。メンターは、知識を共有し、新たな機会を与えてくれる。

誰しも、何かしら情熱を傾けるものがある。その趣味や関心をキャリアにしてはどうだろう? ここに挙げたステップを踏めば、趣味をビジネスに変え、将来さらなる満足感が得られる。