「菊池桃子オフィシャルブログ『私設 研究室』Powered by Ameba」より

写真拡大

 タレントの菊池桃子さんにつきまとい行為をしたとして、元タクシー運転手の飯塚博光容疑者がストーカー規制法違反の疑いで現行犯逮捕された。

 昨秋、飯塚容疑者は菊池さんを乗客として乗せた際に自宅の場所を把握し、行き先を告げる声や降車時のドアサービス(運転手が降りて後部ドアを開けること)で本人であることを確認し、その後ストーカー行為に及んだという。

 菊池さんのブログによると、飯塚容疑者は所属事務所に交際を迫るメールを執拗に送り続け、自宅にも押しかけていたという。最近、勤務していた日本交通を退職し、「ますます行動が読めず危険な状況に発展」し逮捕に至った。

 日本交通グループの現役運転手は、次のように嘆く。

「まったく情けない話だよ、いいかげんにしてほしいよ。うちの会社は、4年前にも強姦事件を起こしているんだ」

 2014年11月8日の午前3時ごろ、新宿区歌舞伎町で乗車した30代の女性客が泥酔して寝込んだところを、運転手が襲うという事件があった。途中で気がついた女性客が交番に駆け込み、運転手は逮捕。数日後、日本交通は「弊社元社員の逮捕に関するお詫び」を発表している。

「菊池さんの事件も強姦事件も、グループ会社(日本交通グループ)ではなく本体(日本交通直属の営業所)の社員なんだけど、問題を起こすのも本体が多く、彼らは緊張感が足りないよ。仮にストーキングや強姦をグループ会社の人間がやったら、日本交通から切られるよ。菊池さんの事件では運行管理者も飛ばされたらしいけど、管理者は何もしてないのだから、ちょっとかわいそうだよ。

 また、容疑者の肩書は『元』運転手となっているけど、ほんの1カ月前まではうちの運転手としてストーキングをしていたわけだから、『元』と言ってもね……。今朝、営業所を出るとき、所長から『この件で客から話しかけられたら、知らないと言え』と言われたよ」(日本交通グループのタクシー運転手)

 今回の事件は身内の恥でもあり、箝口令が敷かれるのも仕方ないだろう。

●「社会の受け皿」タクシー業界の内情

 それはさておき、タクシー運転手の中には今回の容疑者のようなとんでもない輩が潜んでいるのも事実である。なぜなら、タクシー業界は雇用のセーフティネットのような側面もあるからだ。

 筆者も現役運転手なのでよくわかるが、タクシー会社(特に地方)の運転手を見ていると、「とても普通の企業には勤められないだろうな」と思わざるを得ないような人物もいる。

 たとえば、深夜にタクシー乗り場で近距離客を乗せると「“ゴミ”は“流し”を拾ってくれない?」などと乗客に文句を言う運転手がいるのだ。「ゴミ」とは、売り上げが少ない近距離客のこと。「流し」は、タクシー乗り場などで待たずに営業エリアを流して乗客を拾うスタイルのことで、空車時間を少なくするためのテクニックのひとつだ。そのため、近距離客でも痛手になりにくいわけだが、「近距離なら、自分で手をあげてタクシーを拾ってくれ」というわけだ。

 確かに、30分待って行き先が近場ではため息をつきたくなるのもわかるが、長距離でも近距離でも大切な乗客に変わりはなく、ほとんどの運転手は「仕方ない」と割り切る。しかし、なかには悪態をついてしまう運転手もいるのだ。

「そんな運転手は、すぐクビになるのでは?」と思うかもしれないが、それは地域や会社の体制によるところが大きい。東京都内の場合は、泣く子も黙る「東京タクシーセンター」(タクシー会社を指導する立場の業界団体)に苦情が入ると、クビになったり乗務停止などの罰則を受けたりする可能性が高い。さらに、2年後に東京オリンピックを控えていることもあり、都内のタクシー会社の多くは運転手に接客マナーを厳しく指導している。いずれにせよ、日本交通のような大手であれば確実にクビになる行為だ。

 しかし、筆者が勤務しているような地方の中小の場合は事情が違ってくる。なかには、売り上げよりも「稼働率」を重視する会社もあるからだ。これは、なるべく多くのタクシーを動かして乗客をつかまえるというもので、そのためには多くの運転手が必要となる。必然的に、問題の多い運転手であっても交通事故や刑事事件でも起こさない限りは雇用し続けることになる(そんな運転手に限ってコワモテだったりもする)。

 さらに、地方の場合は東京タクシーセンターのような組織もあまり機能していないことが多い。また、ただでさえタクシー業界は慢性的な運転手不足に悩まされており、新人がすぐに辞めてしまうケースもザラにある。運転手の募集広告が常に掲載されているのは、そのためだ。

 普通二種免許さえ取得すれば誰でもなれるというのも、タクシー運転手の特徴だ。そのため、ある意味「社会の受け皿」となっている面も否めないのである。

●好みの女性客をひたすら口説く、恐怖の運転手

 筆者が勤務する会社にも、「苦情の常連ドライバー」がいる。彼が、好みの女性を乗せたときのことだ。

「暇でしょ。家でお茶でも飲ませてよ。付き合ってる男いるの? いなければ遊ぼうよ。いいじゃない、俺は上手いよ」などと相手の感情を無視して口説き続け、挙げ句の果てには「俺と遊ぼうよ、エッチ好きでしょ?」とまで言ったという。

 見知らぬ男にそんなことを言われた女性客の恐怖は計り知れない。彼女は家を知られるのが怖くなり、家の手前のコンビニエンスストアで降りて買い物を済ませ、そのタクシーが走り去ったことを確認してから帰宅したそうだ。

 後日、その女性客が筆者のタクシーに乗車し、その顛末を教えてくれた。そして「あんなことがあったから、おたくの会社のクルマにはなるべく乗りたくないわ」と漏らしたのだ。事情を聞いた筆者は平謝りだったが、そんな運転手が存在してしまうというのもタクシー業界の現実なのである。

 もし、そうした悪質な運転手のタクシーに乗ってしまった女性は、家から少し離れた場所で降車するなどして、絶対に家の場所がわからないようにしてほしい。それが、せめてもの自衛手段となるはずだ。

 ともあれ、菊池さんのような例はタクシー業界全体のイメージダウンにもつながる。悪質な運転手はごく一部だが、二度と事件を起こさないように願いたい。
(文=後藤豊/ライター兼タクシードライバー)