神戸・山手の北野異人館街近く。人気のパン屋さんやチョコレートショップを巡ってから、少し足を延ばして和菓子のお店を訪ねる人が増えています。2016年10月にオープンした「和のおやつ つばきや」さんは、4坪もない小さなお店。2人も入ればいっぱいで、表には2人掛けの床几が置かれ、買ったばかりの和菓子をほおばる人も。


なつかしい雰囲気の店構え。

 「商品を並べている机は手作り。壁の漆喰も自分で塗りました」と、店主・フェルシーシ亜希子さんはにっこり。「響きが好き」というつばきを店名にした親しみやすいお店は、お菓子だけでなく、暖簾も看板も、自身が着ているエプロンも亜希子さんの手作りです。


左:ショーケースにはおはぎが並んでいます。
右:ひとつひとつ丁寧にお客さんに届けます。


おはぎを作るフェルシーシ亜希子さん。

 「自分のお店を持ちたかった」と言う亜希子さん。チュニジア人と結婚し、2011年からチュニジア料理のお店を営んでいたそう。

「今のようにフェイスブックやツイッターといった、SNSでお店のことを知ってもらえなくて」

 今なら、あっというまに話題になったかもしれません。残念ながら閉店しましたが、夢を諦めず、「神戸は和菓子屋さんが少ないから」と、独学で和菓子作りにチャレンジ。

 小豆は北海道産。砂糖は自然な甘さの洗双糖やオーガニックシュガー。おはぎの餅米は佐賀県のヒヨク餅米。スコーンの小麦粉は北海道産。使う素材にこだわって、ほっこり、優しい和のおやつ色々を完成させました。


「和のおやつ つばきや」のお菓子いろいろ。

優しい味わいの和のおやつがいろいろ

 亜希子さんが毎日手作りするのは、おはぎにどら焼き、あんスコーン。「あんこは、小豆が持っている独特の風味を生かすよう工夫して炊いています」

 「おはぎ」は、5種類です。


5種類のおはぎ。左から「くるみ白あん」170円、「青のり」150円、「黒ゴマ」150円、「黒豆きなこ」150円、「小豆つぶあん」150円。

 「くるみ白あん」は、クルミの粒々感と香ばしさが印象的。優雅な味わいです。「青のり」は、塩味が際立ち、潮や海を感じさせる一品。「黒ゴマ」は、しっかりとしたゴマの風味と香ばしさで、どこか懐かしい味わい。「黒豆きなこ」は、黒豆のきなこの香ばしさが口いっぱいに広がります。「小豆つぶあん」は、もっちりした餅米の食感とあんこの粒々感を堪能。あっさりした甘さが小豆の風味を引き立てます。

 ひとつひとつ手で丸められた、ゆるい歯触り。手作りならではの優しさに、ほっこり心癒されます。秋には、さつまいもあんのおはぎも登場するとか。


「どら焼き」左から、小豆つぶあん、あんず白あん 1個160円。

 「どら焼き」は、納得のいくものができるまで、とても苦労したそう。「気温によって、生地の状態が全然違ってしまう。ふわふわにしたくて泡立てすぎてもダメなんです」。蜂蜜入りのしっとりした生地とそれぞれの餡とのバランスが絶妙。

 「あんず白あん」は、杏の蜜煮を刻んで白餡に混ぜてあり、杏の爽やかな酸味がポイント。「小豆つぶあん」は、定番の小豆の粒あんがたっぷりサンドされています。


「あんスコーン」左から、抹茶白あん、小豆あん 1個160円。

 亜希子さんがお店を始める前から作っていて、自身も大好きだという「あんスコーン」は、2種類。生地には、バターではなく米油を使用。「あんこをたっぷり混ぜ込みました」と亜希子さん。温めずにそのままでおいしい。「小豆あん」は、噛む程に、ふんわり小豆の香り。「抹茶白あん」は、抹茶と白餡で、和風の味わい。日本茶はもちろん、和紅茶にも合わせてみたいスコーンです。

 季節限定で、「いちご大福」や「さくら餅」も作ります。「いちご大福」は、白あんと小豆つぶあんの2種類があり、イチゴの酸味と餡の甘さのバランスが抜群。


季節限定の「いちご大福」1個 190円。左から小豆あん、白あん。

 「さくら餅」は、4月末まで。桜の葉の塩漬けの程よい塩味がアクセントの、春を感じる一品です。


季節限定の「さくら餅」1個 170円。(4月末まで)

 くるみを皮に混ぜ込んだ「くるみ大福」なども作ります。どれも、その日のうちに食べたい優しい和のおやつです。 


「山椒もち」380円。

 「山椒もち」は、店の斜め向かいにある乾物屋さん「うおくに商店」からの注文で作り始めたもの。求肥生地に混ぜ込んだ山椒がピリッと辛い、爽やかなお餅。一度食べたら忘れられなくなる印象的な味の、隠れた定番商品です。

 「ここでお店をやろうと決めたのは、実は、うおくに商店さんがあるからというのも大きかったんですよ」と亜希子さん。使用している素材のほとんどを購入。その素材の持ち味を生かして、お菓子を仕上げています。


「グラノラ」小豆あん 50g 150円、150g 450円。

 「グラノラ」は、オーツ麦にたっぷりの小豆餡を混ぜ込み、カリッと焼き上げました。牛乳やヨーグルトをかけず、そのまま、おやつとしてつまむというファンも多い。

 「ひとつひとつシンプルに作った、日持ちのしないおやつです。食べて、ちょっと安らかな気持ちになってもらえるとうれしい。おいしいお団子も作りたいですね」と亜希子さん。

 夏は、つばきやさんらしい、かき氷が登場するかも。和のおやつで、ほっこり幸せなひとときを。


左:看板の隣にはきれいに咲いた椿が。
右:入り口右側の看板横には赤色の椿。

和のおやつ つばきや
所在地 兵庫県神戸市中央区中山手通3-12-15-101
電話番号 078-384-2871
http://tsubakiya-kobe.com/

文・撮影=そおだよおこ