透明NFCアンテナ搭載ディスプレイの応用例(自動販売機の表示部のイメージ)(写真:シャープの発表資料より)

写真拡大

 シャープは5日、無線通信アンテナを搭載したディスプレイを開発したと発表した。スマートフォンやICカードをディスプレイにかざすことで、決済や認証ができる。

【こちらも】シャープ、無線LANを内蔵したプラズマクラスターエアコン発売

 NFC(Near Field Communication)とは、近距離無線通信の規格だ。SuicaやPasmoなどのICカードで決済をする時に使用される。このICカードの読取り機能を備えるのが今回発表のディスプレイだ。

 NFCの需要は旺盛だ。従来のスマートフォンや交通系ICカードに加えて、クレジットカードへの搭載も進む。この成長分野で、シャープの得意とするディスプレイを軸に、直観的なUI(ユーザインタフェース)を提供。NFC対応のスマートフォンやICカードをディスプレイにかざすことで決済や認証を可能にする。

 このNFC搭載ディスプレイのビジネスモデルはコンシューマ向けではなく、法人向けであることも特記すべきだろう。液晶テレビで世界のシャープへと躍進、液晶テレビのコモディティ化と経営危機、鴻海傘下で苦境からの脱出。これらの経験から法人向けビジネスの比率を上げた技術開発が進む。

●NFC搭載ディスプレイの特長

 NFC対応のスマートフォンやICカードをディスプレイにかざすことで通信できる直感的なUIを実現。アンテナ層の光透過率80%以上を確保したことで、表示性能を損なうことなく、ディスプレイとNFCリーダーの機能を一体化した。

 一度に複数の機器やICカードとの通信が可能だ。この機能は、新たなアミューズメントでの可能性を秘める。NFC内蔵のトランプと組み合わせた例などを披露した。

●ディスプレイUI(シャープ、NFC搭載ディスプレイ)のテクノロジー

 NFC搭載ディスプレイにより新たなUIを搭載。ディスプレイ全面で複数同時検出が可能なポジションフリー技術を持つことであろう。

 ディスプレイの表示性能を損なうことなく、ディスプレイを用いた新たなUIが可能になったことで、読取り装置が不要になる一方、UIの要であるディスプレイへの直接的な操作は新たな用途を生むであろう。