JBIC公式ページより

写真拡大

 国際協力銀行(JBIC)は、中堅・中小企業向けビジネスマッチングで地方銀行との連携に乗り出す。3月に開いたマッチングでは広島銀行が参加し、同行の取引先などとカナダ系自動車部品メーカーを引き合わせた。5月にも横浜銀行と連携したマッチングを開く。JBICの国際的なネットワークと地銀の取引網を組み合わせて、地域企業の販路拡大を後押しする。

 3月27日に都内で開いたマッチングでは、カナダからメガサプライヤーのマグナ、ウッドブリッジ、リトマスオートメーションが、日本からはJBICや広島銀の取引先である内山工業(岡山市中区)、ベンダ工業(広島県呉市)、光コム(東京都千代田区)が参加。

 5月もカナダ系自動車部品メーカーとのマッチングを予定しており、広島銀に加え横浜銀行も連携する。日産自動車との取引が多いサプライヤーが参加する見通しだ。このほか中部・北関東周辺の地銀からも引き合いがあるといい、別のマッチングも検討する。

 広島銀担当者は「地元には外資系サプライチェーンにも通用する高い技術を持った企業がたくさんあるが、地銀のネットワークでは販路拡大の支援に限界がある」としており、地域企業のグローバル化をJBICのネットワークを活用して後押ししたい考え。

 JBICは2012年に日本政策金融公庫から独立してから、中堅・中小企業の融資を本格化。17年度にはビジネスマッチングも開始し、地銀との連携を深め中堅・中小分野を強化している。

 中堅・中小企業ユニット(西日本)の田丸伸介ユニット長は「外資系サプライチェーンへの参入や外資系企業との連携は、地域の中堅・中小の販路拡大や事業ポートフォリオの再構築につながる」としている。