<マスターズ 3日目◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
海外メジャー初戦の「マスターズ」は決勝ラウンドへ。18位タイからスタートした松山英樹は、3バーディ・3ボギー「72」とスコアを伸ばせず、トータルイーブンパーでホールアウトしている。

出だし3ホールをパーで終えて迎えた4番パー3では、ティショットをグリーン手前のバンカーに入れ、パーパットは約10mに。これを決めきれずボギーが先行するも、7番パー4で約2mのバーディパットを沈め、スタート時と変わらないトータルイーブンパーで前半9ホールを終える。
後半立ち上がり10番パー4は、2打目でグリーンを捉えられず、3打目のアプローチで寄せきれず約6mのパーパットを残す。これを外して再びオーバーパーとなるも、15番パー5でイーグルチャンスを創出。イーグルパットはわずかに切れるもバーディとすると、続く16番パー3で約1.5mを沈め、連続バーディ。右手をあげてパトロンの歓声に応える。
だが、最終18番パー4で3打目のアプローチを約1mに寄せるも、決めきれず2日目に続いてのボギーフィニッシュ。トータルイーブンパーで3日目の競技を終えた。
また、松山とともに予選ラウンドを通過した小平智は、トータル1オーバー・23位タイからスタート。2バーディ・2ボギーで前半9ホールを耐えるも、10番、11番の連続ボギーでトータル3オーバーに後退してしまう。だが15番パー5で1つ取り返すと、16番、17番と3連続バーディ奪取。スタート時点から1つスコアを伸ばし、トータルイーブンパーでフィニッシュしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

マスターズ3日目 リーダーボードはこちら
松山英樹のすべてのプレーを振り返る!1打速報
マスターズ3日目組み合わせはこちら
松山英樹、予選ラウンドで左手痛も…「大丈夫」
“お騒がせ男” ジョン・デーリー オーガスタの駐車場で事故被害に