街中で見掛けることも増えた日産「ノート」(東洋経済オンライン編集部撮影)

日産自動車のコンパクトカー「ノート」が国内新車市場で快走している。

日産は4月5日、ノートが「2017年度国内販売でコンパクトセグメント1位を獲得」という題名のニュースリリースを発信した。リリースによると、2017年度(2017年4月〜2013年3月累計)の国内販売台数が前年度比5.8%増の13万1119台を記録し、コンパクトセグメント(総排気量1600娑焚爾両型・普通乗用車)で販売台数第1位となった。


東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

加えてノートは同期間、北海道、岩手県、秋田県、山形県、神奈川県、静岡県、島根県、高知県、長崎県、大分県、宮崎県の計11エリアでは、軽自動車を除く登録車販売台数の第1位となっている。

ただ、何やら条件付きでの販売ナンバーワンのお知らせの背景には、トヨタ自動車「プリウス」の存在がありそうだ。自販連(日本自動車販売協会連合会)の統計による、登録車のみでの2017年度での販売ナンバーワンは「プリウス」(14万9083台)が獲得したからだ。

さらに全軽自協(全国軽自動車協会連合会)統計を含めた、含軽統計では、2017年度での総合販売ナンバーワンがホンダ「N-BOX」になっている。軽自動車を含んだ統計ではもちろん、軽自動車を除いた登録車の乗用車ブランド通称名別ランキングでも「2017年度にもっとも売れたクルマ」にはなれなかったのである。

完成検査不正問題がなければ獲れたかもしれない1位

ひょっとすると、ノートは2017年度に軽自動車を除く登録車乗用車ブランド通称名別ランキングでは、1位を獲れたかもしれない。2017年秋に発覚した日産自動車の完成検査不正問題によって、1カ月近く生産・出荷が止まったことが痛かった。10〜12月のノートの販売台数は大幅に減っていた。

「たら・れば」の話はあまりしたくないが、完成検査不正問題がなければ、プリウスとの約1万8000台差を埋められた可能性はある。実は2018年に入って1〜3月はプリウスを押さえて、登録車の乗用車ブランド通称名別ランキングで1位を守っているぐらい足元で販売は好調だからだ。それも発売5年目のクルマがである。

現行ノートは2012年7月にデビュー。1200嫩3エンジンに絞り込みながら、スーパーチャージャー仕様まで設定され、注目された。しかし実際に販売を始めてみると、特にインテリアの質感がいまひとつであったり、LEDやHIDといった“明るいヘッドライト”がメーカーオプションとしての設定すらなく、販売現場でキャラバン用のオプション品を急遽共用させるなどチグハグな部分も目立ち、販売状況はいまひとつ精彩を欠いていた。

ところが2016年11月に実施したマイナーチェンジと同時に「レンジエクステンダーEV」なる「e-POWER」搭載車を追加設定するとたちまち様相は一変。トヨタ「アクア」やホンダ「フィット」などのライバル車だけでなく、登録車で常勝しているプリウスを脅かす存在にまでなった。

筆者は自販連統計をベースにノートがマイナーチェンジを実施した、2016年11月から直近の2018年2月までの月別販売台数と、2014年11月から2016年2月までの販売台数推移を調べてみた。


2016年12月から2018年2月までの平均月販台数は1万2081台、一方、2014年11月から2016年2月までの平均月販台数は8124台となり、その差は3957台。「マイナーチェンジだけでなくe-POWERが加わったので、その分上積みがあったのでは?」と分析することもできるが、それでも発売から時間の経った車種が月販平均で約4000台も増やすことはあまり例がない。

ノートがよく売れている3つの要因

ここからはノートがよく売れている3つの要因を見ていこう。まず現有日産小型車ユーザーの代替え車種としてノートに集中していることが挙げられる。かねがね日本市場にはそれほど関心がないといわれる日産において、日本国内販売を支えているのは軽自動車の「デイズ」シリーズ、ミニバンの「セレナ」、SUVの「エクストレイル」、そしてノートとされている。

現行ノートはデビュー当初から上級仕様のメダリストシリーズがラインナップされている。このメダリストシリーズは、かつての「ティーダ」ユーザーからのノートへの代替えの受け皿として設定されている。ティーダは世界市場レベルではすでに3代目となって、いまも世界各地で販売されているが、日本国内ではシリーズ唯一5ナンバーサイズの初代のみが2004年から2012年の間販売され、大ヒットした。販売を終了した2012年から6年経過しているものの、いまも多くの人がティーダを愛用している。

また「キューブ」は現行モデル登場から10年が経過、「ウイングロード」も現行モデル登場後13年が経過しているが、両車ともに一向にモデルチェンジの気配がなく、代替えのタイミングを逸しているユーザーも多く、そのようなユーザーの代替えがノートに集中している。

それでもマイナーチェンジまでは、ティーダユーザーから見れば、たとえメダリストでも“格落ち”イメージは否定できなかったが、マイナーチェンジのタイミングでe-POWERが登場し、“これは面白そうだ”ということになり、一気に代替えが進んだものと考えられる。

日産では「マーチ」もラインナップされているが、タイで生産される輸入モデルということもあり、値引きもあまり拡大しないので、マーチの購入を検討している人までをノートが吸収しているともいえる。

2つ目はすでに多くのメディアで語り尽くされているが、e-POWERというメカニズムの先進性や面白さで、他銘柄(他メーカー)ユーザーを引き寄せるほどの人気となっているという点。

ノートクラスでは、HEV(ハイブリッド)となる「アクア」が人気車として君臨しているが、トヨタのハイブリッドシステムであるTHSは、燃費性能などは高いのだが、“運転する楽しさ”という点ではしばしば物足りないという声が多かった。しかし、e-POWERはワンペダルオペレーションという“飛び道具”を持っている。アクセル操作で加減速がコントロールできるということだ。

ハイブリッドやEVなどに好んで乗る人の多くは、燃費や環境性能というよりは、メカニズムや走行性能の面白さ、ある意味“おもちゃ的”な部分が充実しているので選んで乗っているという側面も否定できない。その意味で価格設定もそこそこ手ごろなノートe-POWERの存在は、今日のノートの好調な販売台数を語るうえではなくてはならない存在ともいえるのだ。

「フリート販売」や自社登録の動きも無視できない

しかし、いままで挙げた2つの理由だけでは、ノートのいまの販売実績を語り尽くすことはできない。積極的なレンタカー向けをはじめとする「フリート販売」や自社登録の動きも無視できない。

ノートのマイナーチェンジ前から、中古車展示場には1年ほど前に初度登録され、6000kmほどの走行距離のノートの中古車が多く並んでいる光景を見掛けた。

これらはカーシェアリング車両として使われたものと考えられる。また日産は自社系レンタカー会社として日産レンタカーがあり、日産レンタカーを中心にレンタカーとしてもノートを多く販売している。しかもたとえば、夏の観光シーズン用に北海道の営業所に用意したノートのレンタカー(FF)のレンタアップした車両(つまり短期間レンタカーとして使用)が、冬を迎える前に本州の中古車展示場などに置いてあった。

折り込みチラシには「レンタカーで短期間使っていただけなのでお得です」などと書かれてもいた。ディーラー名義などで、未使用で未登録の在庫車を“自社名義登録”したクルマが、登録済み未使用車(未使用中古車)として専業店や中古車展示場に並んでいるのも珍しくない。

ただ、新車販売も今どきは値引きが大きい。登録済み未使用車が登録したばかりの段階では、新車購入した場合と比較すると買い得感が薄まる。そのため初度登録後半年ほど寝かせるのが一般的と自動車販売業界では言われている。

本来なら2017年秋ごろ自社登録された車両が登録済み未使用車として今頃は店頭に並んでいるのだが、ちょうどその頃は完成検査不正問題で生産および供給停止になるなどしていたり、生産再開後もその影響で納期遅延が発生するなどしていたので、ノートの登録済み未使用車は、足元ではほとんど見掛けなくなっているのが現状である。

確かにノートの人気は高まり、数字はもちろん目を見張るものの、その中には自社登録やフリート販売の数字が含まれているのは見逃せない。ライバル車も似たり寄ったりの状況ではあるものの、自動車販売業界の間では「ノートの動きはより積極的」と指摘される。世間で人気車とされていても、中古車市場へは供給過剰状態が続きそうで、下取りや買い取りのリセールバリューに影響してくるのではと予測できる。