今さら聞けない! 世界一やさしい ディープラーニング講座

写真拡大

東京オリンピックの喧騒が去った2020年、あなたはどんな生活をしているだろうか?
AIによってシンギュラリティは起きるか? ヒト以上にやさしいAIは登場するか? ヒトとAIはどう共存していくのか?
IT書籍の売上累計が150万部を超える中、2007年に処女小説『エブリ リトル シング』が17万部のベストセラーとなり、中華圏・韓国での翻訳や2回の舞台化(2008年井上和香、2009年内山理名主演)された作家・ITライターの大村あつし氏。
構想・執筆に2年かけた注目のビジネス青春恋愛小説『マルチナ、永遠のAI。――AIと仮想通貨時代をどう生きるか』が出版され話題となっている。
ビットコイン、ブロックチェーン、ディープラーニング……正確な技術論と、その道の世界的権威の見解をもとに緻密に描いた作品で、SFではない、というから注目だ。
実物通貨と仮想通貨、日常と非日常、ヒトとAIの境界線がどんどんなくなりつつある今、私たちはどうやって生きていけばいいのか?
AIは苦手というあなたも、これさえ覚えておけば、周囲から尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。
2000年代中盤から「AI」と「IoT」を研究し続けてきた大村氏の「ディープラーニング」特別寄稿をお送りする。
(構成・寺田庸二)

ディープラーニングは
水路にたとえれば
誰でも理解できる

 第4回連載では、「ディープラーニング」、別名「深層学習」の基礎中の基礎である、「ディープラーニングでは“重み付け”を変えて判断している」ことについて解説しました。

 ただ、この説明だけでは、「重み付け」だけにフォーカスをしていますので、「木を見て森を見ず」にならないように、今回はディープラーニングを俯瞰して解説することにします。
 もっとも、今回も難しい話をするつもりは毛頭ありません。
 たとえ話で、楽しく学んでいきましょう。

 前回の繰り返しになりますが、AIの基礎になる計算モデルを「ニューラルネットワーク」、略して「NN(neural network)」と呼びます。

 このニューラルネットワークは、シナプス間を電気信号が飛び交うヒトの脳からヒントを得て作成されています。
 そのために、「人工的なNN」ということで、「ANN(artificial neural network)」と呼ばれます。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)