イーブンで折り返した松山英樹(撮影:GettyImages)

写真拡大

<マスターズ 3日目◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
ムービングデーを迎えた海外メジャー初戦「マスターズ」。トータルイーブンパー・18位タイから出た松山英樹は1バーディ・1ボギーとスコアを伸ばせずハーフターンを迎えた。
世界NO.1の呼び声も、松山英樹の2018年最新スイング【連続写真】
松山は、4番パー3でティショットをバンカーに入れると寄せられずにボギーが先に来る展開。それでも7番で上手く奥の傾斜を利用してピン奥2mにつけると沈めてバーディを奪取。イーブンに戻して折り返した。
この後小平智は12番を終えてスコアを2つ落とし、トータル3オーバーでプレー中。タイガー・ウッズ(米国)はすでにホールアウト。「72」とスコアを伸ばせずトータル4オーバーで3日目を終えている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「マスターズ」リーダーボードで速報中!
松山英樹の予選ラウンドをテキストと軌跡画像で振り返る!
ムービングデーの組み合わせ、スタート時刻一覧
松山英樹とマスターズを振り返る!
この頃はまだ若い?21歳のウッズがマスターズ制覇