昨年苦しんだスタートホールでパーをセーブ ここから猛チャージといきたい(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<マスターズ 3日目◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>
ムービングデーを迎えた海外メジャー初戦「マスターズ」。朝から降っていた冷たい雨も止む中、トータルイーブンパー・18位タイにつける松山英樹もスタートした。
【関連写真】クラブハウス、メインリーダーボード前…オーガスタを360度カメラで撮ってみた!
松山は、1番でティショットをフェアウェイ左に置くと、2打目を約5mにつける。だが、このバーディパットは決まらず。パーとしてコースへと飛び出した。ここから一気に猛チャージといきたいところ。
この後小平智は、5番を終えてスコアを1つ伸ばし、トータルイーブンパーでプレー中。タイガー・ウッズ(米国)は12番を終えて2バーディ・2ボギーとスコアは変わらずトータル4オーバーでプレーしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

「マスターズ」リーダーボードで速報中!
松山英樹、上位進出なるか!?一打速報
ムービングデーの組み合わせ、スタート時刻一覧
松山英樹とマスターズを振り返る!
この頃はまだ若い?21歳のウッズがマスターズ制覇