#146 The St. Regis Maldives Vommuli Resort
セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート(モルディブ)


遠い環礁へは水上飛行機を利用して渡ります。移動中も眼下に環礁の絶景が広がり、それも醍醐味のひとつ。

 およそ1200の島々からなるモルディブにおけるステイスタイルは、ひとつの島を丸ごとリゾートにした1島1リゾートが基本型。

 ここ数年、ファミリー向けやミレニアル世代向けの比較的リーズナブルな選択肢も増えましたが、ハネムーンとなればやはりラグジュアリーリゾートが気になるところでしょう。


ダール環礁にオープン。東京ドーム2個分、9ヘクタールの島です。


さらさらの白砂とアイスブルーのラグーン。ザ・モルディブな風景です。

 2016年11月、ダール環礁にオープンしたセントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾートは100年以上の歴史を誇る名門中の名門ホテルグループの一員です。


メインのインフィニティプールは452平方メートル。ヴィラにおこもりするゲストが多いせいか、混雑とは無縁です。


スパ内の温水・海水プール。水流マッサージが身体をほぐし、ハウスリーフの眺めが心を癒してくれます。

 1904年にニューヨークに第一号となるホテルを開業した創業者はジョン・ジェイコブ・アスター4世。のちにタイタニック号の沈没事故に巻き込まれ、妻と看護師を救命ボートに乗せた後に消息を断つという数奇な運命をたどった方です。米国でも指折りの資産家に生まれた彼は、型破りな発想が耳目を集める、時代の寵児的な存在でした。

 彼が手掛けた第一号のセントレジス・ニューヨークは、上層階級をターゲットに絞り、まるでアスター家へ招かれたようなもてなしが評判になりました。その時生まれたのが、卓越したバトラーサービスです。

 モルディブのセントレジスにおいても、伝説のバトラーサービスは受け継がれています。国際空港から国内移動の水上飛行機の乗り場へ移動するベントレーの車中で、おもてなしは始まります。ドライバーから渡されるのは冷たいおしぼりと、タブレット端末。動画の中で担当バトラーが笑顔で歓迎の挨拶と自己紹介を行います。待合室もリゾート専用です。

バトラーサービスは本当に快適!


水上飛行機が到着すると、バトラーが一列になって迎えてくれます。

 約45分のフライト後、リゾートの桟橋では白い制服姿のバトラーが整列して待ち受けていました。列の中から動画で見た担当バトラーがまっすぐにこちらへ進み寄り、長旅への労いの言葉をかけてきます。

 どうやら水上飛行機に搭乗する前にスタッフが「記念撮影を」と撮った画像が先にリゾートへ届けられていたようです。この写真はちゃんとフレームに入って、ヴィラに置かれていました。


荷造りを手伝ってもらいました。薄紙を何枚も使い、リボンで結び、まるでギフトラッピングのよう。さりげなくメッセージも添えられています。

 他にもバトラーサービスは、荷ほどきや荷造りのほか、ウェイクアップコール後に目覚めの飲み物とともにヴィラへ訪れ、カーテンを開けるなど、スぺシャルなお願いに限らず、日々の気軽な行動のお手伝いをしてくれます。


広さ182平方メートルの水上ヴィラはプール付き。広々としたデッキには水上に張り出した“カタマランネット”やビーチベッドを配置。

 9ヘクタールの島に展開するリゾートには、美しい自然をそのまま次世代へ残したいという願いが込められています。


ロブスターのような配置の水上スパ「イリディウムスパ」。

 女性デザイナーがモルディブへ訪れ、この島の自然から得たインスピレーションをデザインにしました。上空から見下ろすとロブスターのような形のスパや、ジンベエザメを模したバーなど、海の生物がモチーフとして大胆に使われています。


夕日に染まる水上ヴィラ。マンタをモチーフにしているとのことだけれど……。

 ヴィラはマンタのフォルムをデフォルメし(これは、ややわかりづらい……)、室内のライトはまるでウニのようなデザイン。こうした子供っぽくなりがちなモチーフもスタイリッシュに感じるのは、やはり洗練のリゾートのなせるワザでしょう。

バーはジンベエザメの口の中?


水中もウィーンと走行する“シーボブ”。スピード感、あります。

 温水の海水プール「ブルーホールプール」を併設する水上スパの「イリディウムスパ」や、ヨガパビリオン+フィットネスジム+年齢別のキッズクラブなどが入った複合施設、“シーボブ”という水中スクーター的な乗り物もラインナップしたマリンスポーツセンターなど、施設は、ひとつ上をいくサービスやアイデアを提供。


メインレストランで朝食。オムレツひとつとっても、美しく、キレイ!


「デカンター」という名のワインセラー。ここに2020本。合計するとリゾート内に7777本のボトルを貯蔵。

 レストランもメインレストランに加え、アジア料理のファインダイング、2020本のボトルを貯蔵するワインセラーなど雰囲気も多彩です。


ジンベエザメの口の中から海を見ている気分になる「ホエール・バー」。天井の壁画もみごとです。

 サンセット時には、「ホエール・バー」へ。まるでジンベエザメの口の中から大海を覗いているようなデザインになっています。


カラナマックという黒い塩を使った、ご当地ブラッディマリー。

 そして各地のセントレジスでオリジナルレシピをもつ、名物のブラッディマリーを。ここモルディブでは “カラナマック”という南アジア料理に使われるブラックソルトを使い、オウムガイのカップに注いだもの。各地のレシピを味わうのも、セントレジスを訪れる楽しみのひとつです。

セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート
●アクセス マーレのヴェラーナ国際空港から車で約5分の水上飛行機乗り場から約45分のフライト
●おすすめステイ先 セントレジス・モルディブ・ヴォンムリリゾート
http://www.starwoodhotels.com/stregis/property/overview/index.html?propertyID=4315&language=ja_JP

文・撮影=古関千恵子