出典: http://shutterstock.com

恋をすると周りが見えなくなるため、気付かないうちに、“痛いカップル”になっていることもあります。

自分たちが良いのなら良いのでしょうが、ふとした時に思い返してみると、ちょっと恥ずかしいですし、痛いカップルになるのは避けたいですよね。

周りに実は“痛い”と思われているカップルの共通点から、自分たちが痛いカップルになっていないかチェックしてみましょう。

 

■王道の痛いカップル…ペアルック

“ペアルック”は、周りに痛いと思われるカップルに共通している、“痛いカップルの象徴”みたいなもの。

彼と同じ物を身につけたい気持ちはわかりますが、周りから見たら、ペアルックはちょっと痛いよう。

小物程度なら問題ないかもしれませんが、“全身を彼と同じ物で統一”なんていうのは、周囲から白い目で見られるかもしれませんよ。

 

■彼を全肯定!褒めちぎり合うカップル

友人や知人の前でも“お互いを褒めちぎり合うカップル”は、“痛いカップル”の共通点。

客観的に見て、おかしいと思うようなことを肯定していれば、周りが見えていないため、痛いと思われるのかもしれませんね。

難しいのは、客観的に見て納得できるようなことでも、褒めちぎり合えば自慢に思われ、周囲は鬱陶しいと感じてしまうこと。

お互いを認め合い支え合っているのは、ステキなカップルに見られることもありますが、大抵の場合、痛いと思われるか鬱陶しいと思われるかなので、お互いを褒めちぎるのは、人前では控えた方がいいかもしれませんね。

 

■彼に夢中過ぎると…痛い!

彼に“夢中”なのは、とってもステキなことです。

ですが、夢中な様が常軌を逸していれば、痛いカップルと思われることもありますよ。

恋人に夢中になり過ぎると、常識的な判断ができなくなるため、“彼のためにどんなことでもする”というような精神状態では、周囲としては危険を感じるのかもしれません。

周囲から、彼との恋愛を少しでも注意されたことがある人は、少しは耳を傾けてみましょう。

聞く耳を持たない精神状態になっていれば、痛いどころではありませんので、周囲がおかしいよと注意してくれるのは、“救いの手”かもしれませんよ。

 

体裁、周囲を気にしている方が、前時代的な考え方なのかもしれません。

周りが痛いと思っても、あなたと彼が幸せなら、それはそれで良いのではないでしょうか。

でも、痛いカップルは“危険なレベル”までいくこともあります。

周りの意見にも耳を傾けられるか否かが、一つのボーダーラインになるので、周りから指摘されるようなことがあれば、一度見直してみましょう。

【画像】

※ HTeam/Shutterstock

【関連記事】


出典: NOSH(ナッシュ)

もはや黒歴史…「ワンナイトラブ後」に送ってしまった重すぎLINE

【男の本音】避妊をついおろそかにしてしまう時って?

エロすぎっ!男が「ついつい目をやってしまう」女子のボディパーツ