10分でできるという、サラダチキンとアスパラを使ったスープ。落とし卵で見栄えもいい(写真:有賀氏提供)

近年、健康志向やインスタ映えなども相まって大ヒットしているサラダに比べると、スープはいくぶんか地味かもしれない。が、若い女性を中心にじわじわとスープに対する注目度が高まっている。今年2月に発売されたレシピ本『帰りが遅いけどこんなスープなら作れそう』は、わずか1カ月で4刷、累計1万7000部を販売。購買者の8割は女性で、20〜30代が中心だという。

スープといえば複数の具材を煮込むことから、体によさそうなイメージがある。が、同書がヒットした理由はそこではなく、徹底的に「簡単に作れて、栄養が取れて、見栄えがすること」にこだわったところである。実際、載っているのは、レンジでできる豆乳卵スープや、調味料は塩だけというかぶとネギの鶏肉のポトフなど、ふむふむ、これなら自分でもできそう、と思えてくる。

簡単だけど、ちゃんとしている

昨年の「一汁一菜」ブームなど、世の中は今、料理にも「簡単だけど、そう見えずにちゃんとしている」モノを求めている。こうした中、著者でスープ作家の有賀薫氏のレシピは、出しも、火も、包丁も使わないといった方法で手順を減らし、すべてのスープがほぼ3ステップで完了する。加えて、タンパク源の肉と魚、ビタミン源となる野菜を入れるなど、1品でおかずを完結させられるボリューム感があるのに、具材は数種類と少ない。アボカドや落とし卵といった流行の食材を積極的に使っており、見た目の満足度も高い。


アボカドなど流行食材を多く使っていることもウケた(写真:有賀氏提供)

若い女性に刺さるスープ本ができた背景には、有賀氏の異色な経歴もある。会社員を経てフリーライターとなり、長年企業関係の仕事を中心にしてきた同氏がスープ作家になったきっかけは、2011年から大学受験生の息子を起こすため、毎朝異なるレシピのスープを作り始めたことだった。

SNSに投稿すると反響を呼ぶ手応えを得、好きだった料理の世界にはまり込んだ。毎回テーマを決めてスープの可能性を追求する研究会、「スープラボ」を立ち上げて定期的に開催。千数百を超えたレシピと研究成果を引っさげ、出版社にスープレシピ本の企画を持ち込んで第1作『365日のめざましスープ』の出版にこぎつけた。

有賀氏の強みは、ツイッターやイベント、ウェブメディアの連載などを通して情報発信を熱心に行う一方で、反響という形で集めた大量のユーザーの声をデータとして蓄積していることだ。今回の本の場合、料理を苦手と感じる20代の女性編集者の依頼だったことも、読者を具体的にイメージする手がかりになったという。

さらに、ヒットの理由を深掘りしていくと、興味深い事実に直面する。それは、「みんなスープの作り方は知らないし、食べていない。子ども時代、お母さんがポトフやミネストローネを作っていたという人もほとんどいない」(有賀氏)ということだ。つまり、多くの人にとってスープは、なじみの薄い食べ物だったのである。

有賀氏によると、理由の1つには、日本にスープ作りの伝統がなかったことがある。「先日、都内の保健センターで講師を頼まれて50〜70代の女性が集まったとき、『スープを作ったことがないから、どんなものかと思って』と皆さんから言われたんです。自分で作るとなると、コンソメの素を使い野菜を刻んで入れるぐらいしかできない人が多い」(有賀氏)。

確かに日本人は味噌汁を食事の定番にしてきたが、外国料理にベースがあるスープとなると別だ。洋食や中華を、庶民が日常的に作るようになったのは高度成長期以降。その頃生まれた有賀氏も、「うちの母親も、スープはコーンポタージュなど数種類ぐらいしかレパートリーはなかった」と振り返る。

スープを食べる機会自体は増えている

にもかかわらず、レシピを知りたいという需要があるのは、スープを食べる機会自体は増えてきているからだろう。1980年代以降、ファミレスやコンビニが増えたことで、昼食を外食や中食で済ませる人が多くなった結果、定食のー品としてスープを食べる機会は増えているのだ。とはいえ、こうしたスープは具材がほとんど入っておらず、家庭料理以上に「添え物感」が強いうえ、たいしておいしいわけでもなかった。

そこへ参入してきたのが、「食べるスープの専門店」をキャッチフレーズに掲げ、おしゃれ感を打ち出したチェーン店「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」だ。1号店は1999年、お台場のヴィーナスフォートにできた。具だくさんでヘルシーさを印象づけることに成功して快進撃を続け、現在は都内だけでエキナカ・駅ビルを中心に32店舗を展開している。

ここ数年は、具だくさんスープは静かなブームを呼んでいる。レシピ本の出版が相次ぐほか、2016年秋にはローソンやセブンーイレブンなど、コンビニ各社も具だくさんのスープを販売し始めている。


スープ作家の有賀氏(筆者撮影)

とはいえ、食べるスープを家庭で実践するのは手間がかかる。1人暮らしや2人暮らし、外食も多い働き盛りの場合、残った食材の処分に追われる。レシピ本はあっても、その料理を実際に日常に作れる人は限られているのだ。そんな中登場したのが、有賀氏による具材が少なく手間もかからないが、メイン料理として成立するレシピ本だったというわけだ。

有賀氏の下に集まる反響の声として多いのは、まず「これなら私にも作れる」というもの。意外だったのは、「出しを使わないで料理することが、ちゃんとしている感がある」という声を複数聞いたことだという。出しパックなどを使った場合、具が何であれコンビニで買ったお総菜のように、似たような味になってしまう。「それでは作った喜びがあまりないのではないか」と有賀氏は推測する。

使う素材や作る手順がシンプルなことが、かえってアレンジを誘うことも、読者の「達成感」につながっているようだ。たとえば、ディルをトッピングした「鮭とコーンのクリームスープ」を「ディルはなかったので、ホウレン草を入れました」という人や、「サラダチキンでアスパラをおいしく食べるスープ」に、「うちにキノコがあったので、キノコも入れました」といったコメントも多いという。


「目玉焼きオンザトマトのごはんスープ」。具材が少ないため、自分なりのアレンジがしやすい(写真:有賀氏提供)

達成感を得られる、というのは実は、料理を苦手だと感じている人が少なくない20〜30代には大事なポイントだ。現在の20〜30代は、専業主婦に育てられた人が多いが、塾や習い事で忙しく、料理を作る現場を見る機会が少なかったためか、料理をする技術が身に付いていない、と悩んでいる人がそれなりにいる。そうした人にとって、味も見た目も栄養面も「ちゃんとしている」スープが作れた、という実感はその後の自信につながる。

スープだからこそ成り立つ「簡単×ちゃんと」

今、世の中にはレシピ本がたくさんあり、料理を学べる環境は整っているように見える。しかし、料理が好きで得意な人たちが作ったレシピ本は、「基礎の水準」を高めに見積もる傾向がある。長いレシピも多い材料も、「難しそう」「めんどくさい」と思われがち。簡単さを打ち出すレシピ本もたくさんあるが、手抜き料理は罪悪感を伴う。レシピ本が売れなくなったと言われるが、それはもしかすると読者のニーズとズレた本が多いからかもしれない。

有賀氏のレシピは栄養のバランスが良さそうなのに簡単で、作って食べる達成感がある。そういうレシピが出せるのは、スープだからとも言える。具材を入れて煮れば成立するスープは、最も単純な料理の1つで、少なくとも紀元前2000年にはエジプト、中国、メソポタミアで作られていたことがわかっている。

炒める、焼く、蒸すといった料理は、食材に火を通すタイミングや火加減を覚えなければおいしくできない。サラダなどの和え物は、素材の下処理に手間がかかり、手を抜くと味もおざなりになりやすい。しかし、スープは鍋をのぞきながら火加減や加熱時間を調節できるし、うっかり煮込み過ぎて具材が柔らかくなり過ぎても、それはそれで食べられる。味見もしやすいので、完成形を予想しやすい。

肉や魚と野菜を入れて煮れば、主菜になる。ご飯や麺類、パンなどを入れればスープだけで食事ができる。古今東西、庶民がそういう食事をしてきた歴史を考えれば、食べるスープの流行は、原点回帰の現象と言えるかもしれない。