タレントの稲村亜美

写真拡大

 タレントの稲村亜美(22)が6日放送のAbemaTV「必殺!バカリズム地獄」(金曜後9・00)に出演。ネットで拡散された自身に関するデマに怒りをあらわにした。

 鬼ギレしたエピソードを問われた稲村は「最近本当にむかついているんですけど、ネットに訳の分からない記事があるじゃないですか」と切り出し、「読んで真に受ける人もいるんですよね、それでめっちゃ批判されたりするので。本当に嘘なんですよ」と怒りをぶちまけた。

 「フリーのライターさんだと何でも書けちゃうんですよ。書くのは自由だと思うんですけど」としつつも、「『稲村がヌード』って出てたんですよ。稲村がヌードになると言えば、1億出すところもあるって書いてあって、私って1億なんだ」と苦笑いを浮かべ、「ヌードなんて考えてないので、それだったら100億円ぐらい。そもそも裸に抵抗があるので嫌なんですけど」と根も葉もない嘘であることを説明した。

 また、「五輪のリポーターに内定しているって記事が出ていて、『え、内定してるんですか』ってマネジャーさんに聞いたら、『そんな話はないね』と言われて…」と自身も嘘記事に振り回されていることを告白。自身の記事を読まない芸能人も多いが、「むしろ読みますね、それでむかついてウッてなります」と語っていた。